1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

公式ライヴ盤も初リリース

1998-09-26

概要

日付はライヴ開催初日(3日間)。「グラストンベリー・フェスティヴァル」は海外ではロック・コンサートが有名ですが、特に1997年は歴史的な開催として知られています。
この年から「BBC」,「The Guardian/ガーディアン(新聞社)」がスポンサーに加わり、「BBC」はライヴの様子を「Channel-4」で放映。更に「BBC Worldwide Music」,「Virgin Records」からライヴ盤のリリースも開始されています。
同年は大雨により会場が泥沼化するという過去最悪ともされる悪条件でしたが、アーティストのパフォーマンスは高く評価され、過去の最高記録となる9万人の観客を動員。ライヴ盤ではサブタイトル「Mud For It Live:(意訳)泥沼ライヴ」を付与、ジャケット写真も「泥沼」を使用しています。

更新日:2017/06/10


参考画像1参考画像2


参考画像

1段目:左から
英国ライヴ盤CDジャケット表
英国ライヴ盤CDジャケット裏
開催日などの告知ポスター

2段目:出演リスト(部分拡大)
出演キャンセル
Smashing Pumpkins / Sting / Neil Young


関連ページ

グラストンベリー・フェスティヴァル
40周年:マイケル・イーヴィス登場

今日の出来事

正式名称「Glastonbury Festival Of Contemporary Performing Arts」は、1971年から英国サマセット州ピルトンで開催されている多目的フェスティヴァルの略称。
2010年に40周年を迎え(整 ...

続きを読む

情報更新:2017/05/31


アルバム収録曲

Glastonbury Live '97:Mud For It
グラストンベリー・ライヴ '97 (仮邦題)

T-01

Richard III
邦:リチャード3世
Supergrass
スーパーグラス
アルバム「In It For The Money/イン・イット・フォー・ザ・マネー」収録曲。
作者クレジット
Robert Coombes/Mickey Quinn/Danny Goffey/Gaz Coombes

T-02

Paranoid Android
邦:パラノイド・アンドロイド
Radiohead
レディオヘッド
アルバム「OK Computer/OKコンピューター」収録曲。
作者クレジット
Thom Yorke/Jonny Greenwood/Ed O'Brien/Colin Greenwood/Phil Selway.

T-03

Ready To Go
正:Ready To Go
Republica
リパブリカ
英国4位,米国153位の初アルバム「Republica/リパブリカ」収録曲。英国の1997年盤。トラック1「Radio Edit」は新プログラミングを追加して約30秒短縮編集、トラック2にオリジナル・ミックス約5分編集版を収録しています。
作者クレジット
Andy Todd/Johnny Male/Samantha Sprackling (Saffron)/Tim Dorney

T-04

Bruise Pristine
邦:傷だらけの俺
Placebo
プラシーボ
初アルバム「Placebo/プラシーボ」収録曲。英国シングルは同日2ヴァージョン・リリース。
作者クレジット
Brian Molko/Stefan Olsdal/Steve Hewitt

T-05

I Want To Be There (When You Come)
邦:アイ・ウォント・トゥ・ビー・ゼア
Echo & The Bunnymen
エコー&ザ・バニーメン
アルバム「Evergreen/エヴァーグリーン」収録曲。
作者クレジット
Ian McCulloch/Les Pattinson/Will Sergeant

T-06

I Would Have Left You
邦:アイ・ウッド・ハヴ・レフト・ユー
Reef
リーフ
アルバム「Evergreen/グロウ」収録曲(トラック2)。
作者クレジット
作詞:Gary Stringer
作曲:Gary Stringer/Jack Bessant/Kenwyn House/Dominic Greensmith

T-07

Travel
正:オリジナル・タイトル:Amateur Dramatics
Longpigs
ロングピッグス
メンバー「Crispin Hunt/クリスピン・ハント」の作詞・作曲によるオリジナル曲(当時アルバム未収録曲)。ヒット・シングル「Far/ファー」のトラック3に収録され、オリジナル・タイトルは「Amateur Dramatics」としています。
作者クレジット
Crispin Hunt

T-08

Further
Geneva
ジェニーヴァ
初アルバム「Further」収録曲(タイトル曲)。
作者クレジット
Andrew Montgomery/Steven Dora

T-09

On The Run
邦:オン・ザ・ラン
Cast
キャスト
アルバム「Mother Nature Calls/マザー・ネイチャー・コールズ」収録曲。
作者クレジット
John Power

T-10

Hundred Mile High City
邦:ハンドレッド・マイル・ハイ・シティ
Ocean Colour Scene
オーシャン・カラー・シーン
アルバム「Marchin' Already/マーチング・オールレディ」収録曲。
作者クレジット
Ocean Colour Scene (メンバー)

T-11

Grateful When You're Dead
邦:グレイトフル・ウェン・ユア・デッド / ジェリー・ワズ・ゼア
正:Grateful When You're Dead /Jerry Was There
Kula Shaker
クーラ・シェイカー
初アルバム「K」収録曲。
作者クレジット
Crispian Mills/Kula Shaker (メンバー)

T-12

Anywhere
邦:エニウェア (初期邦題:エニホェア)
Dubstar
ダブスター
初アルバム「Disgraceful/ディスグレイスフル」収録曲。
作者クレジット
Chris Wilkie/Steve Hillier

T-13

Day Before Yesterday's Man
邦:デイ・ビフォー・イエスタデイズ・マン
正:The Day Before Yesterday's Man
Supernaturals
スーパーナチュラルズ
アルバム「It Doesn't Matter Anymore/イット・ダズント・マター・エニモア」収録曲。
作者クレジット
James McColl

T-14

The Elephant
Dodgy
ドッジー
当時新曲。2004年のコンピアルバム「The Collection」に収録。
作者クレジット
Andy Miller/Mathew Priest/Nigel Clark

T-15

Summers In Bloom
邦:サマーズ・イン・ブルーム
Reef
リーフ
アルバム「Evergreen/グロウ」収録曲(トラック3)。
作者クレジット
作詞:Gary Stringer
作曲:Gary Stringer/Jack Bessant/Kenwyn House/Dominic Greensmith

T-16

Nancy Boy
邦:ナンシー・ボーイ
Placebo
プラシーボ
初アルバム「Placebo/プラシーボ」収録曲。
作者クレジット
Brian Molko/Stefan Olsdal/Steve Hewitt

T-17

The Day We Caught The Train
邦:ザ・デイ・ウィ・コート・ザ・トレイン
Ocean Colour Scene
オーシャン・カラー・シーン
アルバム「Moseley Shoals/モーズリー・ショールズ」収録曲。
作者クレジット
Ocean Colour Scene (メンバー)





姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニュースオフィスソフト&テンプレート

From 2008 To 2018 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る