1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Pulp Fiction/パルプ・フィクション

1995-04-15

概要

「Music From The Motion Picture Pulp Fiction/パルプ・フィクション」は1994年10月14日に米国で一般公開された映画「Pulp Fiction/パルプ・フィクション」のサントラ盤。映画は「Quentin Tarantino/クエンティン・タランティーノ」監督により、同94年5月にカンヌ国際映画祭に出品されています(パルム・ドール受賞)。主要映画賞では音楽関連の受賞はありませんが、1960年代初頭から1970年代にかけてのヒット曲、埋もれていたサーフロック・サウンドなどを使用。サントラ盤も翌95年4月に米国21位を記録しています。
尚、サントラ盤では「No Artist:アーティスト無」となっている部分があり、出演俳優の台詞シーンなどで構成されています。

更新日:2017/05/22


参考画像1参考画像2


参考画像

参考画像1段目
米国盤CDジャケット表/裏

参考画像2段目
米国CDインナー
※収録曲,クレジット部分


アルバム収録曲

Music From The Motion Picture Pulp Fiction
パルプ・フィクション

T-01a

Pumpkin And Honey Bunny
邦:パンプキンとハニー・バニー (ダイアログ)
No Artist
Tim Roth And Amanda Plummer
ティム・ロス&アマンダ・プラマー
作者クレジット
ダイアローグ:Quentin Tarantino

T-01b

Misirlou
邦:ミザルー
Dick Dale
ディック・デイル
Dick Dale & His Del-Tones
ディック・デイル&ヒズ・デルトーンズ
元々はレヴァント地域(地中海東沿岸地方)の伝承曲とされ、ギリシャ語,トルコ語,アラビア語,エジプト語などに類似タイトルが存在。1920年代以降は近隣諸国や英語圏も含めて様々な編曲が施され、各アーティストが自作曲クレジットなどで録音。第二次大戦後では、1946年の「Jan August,/ジャン・オーガスト」によるピアノ・インストゥルメンタル版が知られ、エレキ・ギター時代には1958年の「ディック・デイル&ヒズ・デルトーンズ」版が代表録音となり、1998年公開フランス映画「Taxi/タクシー」でもテーマソングとして使用されています。
作者クレジット
Fred Wise/Milton Leeds/Nicholas Roubanis/S.K. Russell

T-02

Royale With Cheese
邦:ロイヤル・ウィズ・チーズ (ダイアログ)
No Artist
Samuel L. Jackson & John Travolta
サミュエル・L.ジャクソン&ジョン・トラボルタ
作者クレジット
ダイアローグ:Quentin Tarantino

T-03

Jungle Boogie
邦:ジャングル・ブギー
Kool & The Gang
クール&ザ・ギャング
1974年米国4位(R&B:2位)のヒット曲。
作者クレジット
Claydes Smith/Dennis Thomas/Donald Boyce/George Brown/Richard Westfield/Robert Bell/Robert Mickens/Ronald Bell

T-04

Let's Stay Together
邦:レッツ・ステイ・トゥゲザー
Al Green
アル・グリーン
1972年米国1位(R&B:1位),英国7位のヒット曲。
作者クレジット
Al Green/Al Jackson Jr./Willie Mitchell

T-05

Bustin' Surfboards
邦:バスティン・サーフボード
Tornadoes
トーネドーズ
米国「Tornadoes/トーネドーズ」による1962年のデビュー曲、及び翌63年の初アルバムタイトル曲。
作者クレジット
Gerald Sanders/Jesse Sanders/Norman Sanders/Leonard Delaney

T-06

Lonesome Town
邦:淋しい町
正:初回プレス面邦題:寂しい街
Ricky Nelson
リッキー・ネルソン
「Ricky Nelson/リッキーネルソン」による1958年のオリジナルヒット(米国は当時両面ヒット)。
作者クレジット
Baker Knight

T-07

Son Of A Preacher Man
邦:プリーチャー・マン
Dusty Springfield
ダスティ・スプリングフィールド
英国「Dusty Springfield/ダスティ・スプリングフィールド」による1969年1月のオリジナルヒット。
作者クレジット
John Hurley/Ronnie Wilkins

T-08a

Zed's Dead, Baby
邦:ゼッド・イズ・デッド・ベイビー (ダイアログ)
No Artist
Marie De Medeiros & Bruce Willis
マリア・デ・メディロス&ブルース・ウィリス
作者クレジット
ダイアローグ:Quentin Tarantino

T-08b

Bullwinkle Part II
邦:ブルウィンクル・パート2
Centurions
センチュリオンズ
「Centurions/センチュリオンズ」による1963年のアルバム「Surfers' Pajama Party」収録曲(A-1トラック)。
作者クレジット
Dennis Rose/Ernest Furrow

T-09a

Jack Rabbit Slims Twist Contest
邦:ジャック・ラビット・スリムのツイスト・コンテスト (ダイアログ)
No Artist
Jerome Patrick Hoban
ジェローム・パトリック・ホーベン
作者クレジット
ダイアローグ:Quentin Tarantino

T-09b

You Never Can Tell
邦:ユー・ネヴァー・キャン・テル
Chuck Berry
チャック・ベリー
作者でもある「Chuck Berry/チャック・ベリー」による1964年のヒット曲。
作者クレジット
Chuck Berry

T-10

Girl, You'll Be A Woman Soon
邦:悲しきプロフィール
Urge Overkill
アージ・オーヴァーキル
「Urge Overkill/アージ・オーヴァーキル」によるカヴァー録音(新曲としてリリース)。楽曲は作者でもある「Neil Diamond/ニール・ダイアモンド」による1967年のヒット曲。
作者クレジット
Neil Diamond

T-11

If Love Is A Red Dress (Hang Me In Rags)
邦:イフ・ラヴ・イズ・ア・レッド・ドレス
Maria McKee
マリア・マッキー
作者でもある「Maria McKee/マリア・マッキー」のオリジナル曲(新曲としてリリース)。
作者クレジット
Maria McKee

T-12a

Bring Out The Gimp
邦:ブリング・アウト・ザ・ギンプ (ダイアログ)
No Artist
Peter Greene & Duane Whitaker
ピーター・グリーン&デュアン・ホワイテイカー
作者クレジット
ダイアローグ:Quentin Tarantino

T-12b

Comanche
邦:コマンチ
Revels
レヴェルズ
「Revels/レヴェルズ」が1961年にシングル・リリースした楽曲で当時のメンバーによるオリジナル曲。
作者クレジット
Revels (メンバー)

T-13

Flowers On The Wall
邦:フラワーズ・オン・ザ・ウォール
Statler Brothers
スタトラー・ブラザーズ
「Statler Brothers/スタトラー・ブラザーズ」による1965年から66年にかけてのヒット曲。
作者クレジット
Lewis C. DeWitt

T-14

Personality Goes A Long Way
邦:パーソナリティ・ゴーズ・ア・ロング・ウェイ(ダイアログ)
No Artist
Samuel L. Jackson & John Travolta
サミュエル・L.ジャクソン&ジョン・トラボルタ
作者クレジット
ダイアローグ:Quentin Tarantino

T-15

Surf Rider
邦:サーフ・ライダー
Lively Ones
ライヴリー・ワンズ
「Lively Ones/ライヴリー・ワンズ」にとって3枚目のシングルで初アルバム「Surf Rider!」にタイトル曲として収録(A-1トラック)。
作者クレジット
Don Wilson/Nole Edwards/Bob Bogle

T-16

Ezekiel 25:17
邦:エゼキエル書 第25章17節 (ダイアログ)
No Artist
Samuel L. Jackson
サミュエル・L.ジャクソン
作者クレジット
ダイアローグ:Quentin Tarantino





姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニューススポーツ

From 2008 To 2019 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る