1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Innervisions/インナーヴィジョンズ

1973-09-22

概要

「Innervisions/インナーヴィジョンズ」は1973年8月3日にリリースした「Stevie Wonder/スティーヴィー・ワンダー」のアルバム。米国では登場5週目の1973年9月22日に最高位4位、英国でも登場2週目の1973年9月8日に最高位10位。更に翌1974年グラミー賞では「Album Of The Year/年間最優秀アルバム」を受賞。2003年出版「ローリング・ストーン誌の選ぶオールタイム・ベストアルバム500」で24位に選出など、「スティーヴィー・ワンダー」にとっても代表アルバムの1枚。またシングル「Higher Ground/ハイアー・グラウンド」が米国4位(R&B:1位)、「Living For The City/汚れた街」が米国8位(R&B:1位)、「Don't You Worry 'bout A Thing/くよくよするなよ!」が米国16位(R&B:2位)、「He's Misstra Know-It-All/いつわり」が英国10位、などを記録しています。

更新日:2018/05/15


参考画像1


参考画像

参考画像左から
※日本盤LPジャケット表/インナー

アルバム概要

本格的なアルバム制作としては「Where I'm Coming From/青春の軌跡」から数えて4枚目。初めて全曲が自身一人による作詞作曲で構成され、編曲も全曲担当。「Robert Margouleff And Malcolm Cecil/ロバート・マーゴレフ・アンド・マルコム・セシル」がシンセサイザー・プログラミングを担当。また楽曲により異なるアーティストが参加(収録曲リスト参照)。前作に続いて複数シンセサイザーを使用していますが、過去3アルバムに比較して民族楽器を含めリズム・セクションを強調しています。

関連ページ

米国アルバム62位
Where I'm Coming From/青春の軌跡

今日の出来事

「Where I'm Coming From/青春の軌跡」は1971年4月12日にリリースされたアルバム。「Steviie Wonder/スティーヴィー・ワンダー」は初めて全曲をプロデュース、また全曲が当時の妻「Syreeta Wrigh ...

続きを読む

情報更新:2018/04/25


米国アルバム21位
Music Of My Mind/心の詩

今日の出来事

「Music Of My Mind/心の詩」は1972年3月3日にリリースされた「Stevie Wonder/スティーヴィー・ワンダー」のアルバム。同年7月15日に米国最高位21位(年間アルバム47位)など商業的にも成功、2003 ...

続きを読む

情報更新:2018/04/27


米国アルバム3位
Talking Book/トーキング・ブック

今日の出来事

「Talking Book/トーキング・ブック」は1972年10月28日にリリースした「Stevie Wonder/スティーヴィー・ワンダー」のアルバム。米国では登場3週目の1973年2月3日に最高位3位、英国でも登場3週目 ...

続きを読む

情報更新:2018/05/10


米国アルバム1位
ファースト・フィナーレ

今日の出来事

「Fulfillingness' First Finale/ファースト・フィナーレ」は1974年7月22日にリリースした「Stevie Wonder/スティーヴィー・ワンダー」のアルバム。米国では登場6週目の1974年9月14日に1位、英国 ...

続きを読む

情報更新:2018/05/17


関連アーティスト情報

Stevie Wonder
スティーヴィー・ワンダー

1950/05/13

米国ミシガン州サギノー生まれ(保育器内過量酸素による未熟児網膜症で盲目)。誕生名「Stevland Hardaway Judkins」,法律上の本名は「Stevland Morris/スティーヴランド・モーリス」に改名。R&B ... 続きを読む

情報更新:2009/02/12


Robert Margouleff And Malcolm Cecil
ロバート・マーゴレフ・アンド・マルコム・セシル

1970年(結成/活動)

米国の「Robert Margouleff/ロバート・マーゴレフ」,英国の「Malcolm Cecil/マルコム・セシル」によるシンセサイザー・プロジェクト。1970年に「Caldera/カルデラ」クレジットでアルバム「A Moog Mas ... 続きを読む

情報更新:2018/04/30


Jim Gilstrap
ジム・ジルストラップ

1946/11/10

米国テキサス州キャンプ郡ピッツバーグ生まれのアフリカ系米国人。誕生名「James Earl Gilstrap」でソロシンガー,セッション・シンガーとして活動(R&B/ソウル/ジャズ)。兵役終了,会社勤務,ロ ... 続きを読む

情報更新:2018/05/08


Lani Groves
ラニ・グローヴス

195x/xx/xx

米国生まれのアフリカ系米国人。父親「Ervin Groves/エルヴィン・グローヴス」がハワイ州居住時代に誕生と思われますが詳細不明(母親はハワイ州出身)。本名不詳、別名「Lonnie Groves (類似ス ... 続きを読む

情報更新:2018/05/09


Tasha Thomas
タシャ・トーマス

1945/xx/xx ~ 1984/11/08

米国アラスカ州生まれ。女性シンガー・ソングライター,女優として活動。歌手としては1969年にシングル・デビュー(不発)。以降セッションシンガー、ミュージカル女優として活躍、1978年に「Sho ... 続きを読む

情報更新:2018/05/13


Malcolm Cecil
マルコム・セシル

1937/01/09

英国ロンドン市生まれ。ジャズ・ミュージシャン(ベース/シンセサイザー)、バンドリーダー,プロデューサーとして活動。特に「The Tonto Synthesizer/トント式シンセサイザー」の開発者として知 ... 続きを読む

情報更新:2018/04/30


Clarence Bell
クラレンス・ベル

1944/01/14 ~ 2017/06/24

米国フロリダ州生まれ(先天性盲目)。誕生名「Clarence Ruben Bell」,通称「Clarence R. Bell/クラレンス・R.ベル」でオルガン,ピアノ,シンセサイザー奏者,ヴォーカリスト,編曲家,プロデューサー ... 続きを読む

情報更新:2018/05/13


Ralph Hammer
ラルフ・ハマー

19xx/xx/xx

米国生まれ(?)。本名「Ralph E. Hammer Jr./ラルフ・E.ハマー・Jr.」,通称「Ralph Hammer Jr./ラルフ・ハマー・Jr.」は共にクレジットでも使用があり、ギタリスト,ソングライターとして活動。1970 ... 続きを読む

情報更新:2018/05/14


Larry Latimer
ラリー・ラティマー

19xx/xx/xx

米国生まれ(?)。代表愛称「Nastyee (別スペルあり)/ナスティー」、代表別名「Nastyee Latimer/ナスティー・ラティマー」などがあり、パーカッション,コンガ奏者,ソングライターとして活動(ソウ ... 続きを読む

情報更新:2018/05/14


Scott Edwards
スコット・エドワーズ

19xx/xx/xx

米国生まれ(?)。誕生名「Scott Gordon Edwards」でエレキ・ベース奏者として活動(主にジャズ/フュージョン/ソウル)。「Rhythm Heritage/リズム・ヘリテッジ(リズム・ヘリテイジ)」、「Brass Fever ... 続きを読む

情報更新:2018/05/11


Yusuf Roahman
ユセフ・ラーマン

19xx/xx/xx

米国生まれ(?)。別表記「Youseff Rahman/ユセフ・ラーマン」があり、パーカッション,シェイカーなど民族楽器奏者として活動。1970年代前半、「Stevie Wonder/スティーヴィー・ワンダー」、「Bill ... 続きを読む

情報更新:2018/05/14


Sheila Wilkerson
シェイラ・ウィルカーソン

19xx/xx/xx ~ 2007/09/28

米国マサチューセッツ州ボストン市出身。誕生名同名、結婚名「Sheila Smith/シェイラ・スミス」、別名「Sheila Wilkinson/シェリア・ウィルキンソン」、女性シンガー・ソングライター(ラテン/ソウ ... 続きを読む

情報更新:2018/05/15


Willie Weeks
ウィリー・ウィークス

1947/08/05

米国ノースカロライナ州サレムバーグ生まれ。ブルースロック系ベーシスト,俳優として活動。大半がセッション・ミュージシャンとして活動、、「Gregg Allman Band/グレッグ・オールマン・バンド ... 続きを読む

情報更新:2017/12/04


アルバム収録曲

Innervisions
インナーヴィジョンズ

A-01

Too High
邦:トゥ・ハイ
米国,英国共に同アルバム初シングルのB面。「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はドラム、ハーモニカ、ローズ・ピアノ(エレクトリック)、モーグ社シンセサイザー(アナログ)。バック・ヴォーカルは「Jim Gilstrap/ジム・ジルストラップ」、「Lani Groves/ラニ・グローヴス」、「Tasha Thomas/タシャ・トーマス」、3人が参加。
作者クレジット
Stevie Wonder

A-02

Visions
邦:愛の国
米国,英国共に同アルバムから2枚目のシングルB面。「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はローズ・ピアノ(エレクトリック)のみ。ウッドベースは「Malcolm Cecil/マルコム・セシル」、アコースティック・ギターは「Jim Gilstrap/ジム・ジルストラップ」、エレキギターは「David T. Walker/デヴィッド・T・ウォーカー」。
「マルコム・セシル」はトント式シンセサイザー開発者で同アルバムでもシンセサイザー・プログラミングを担当していますが、ここでは本来のウッドベース奏者として録音に参加しています。
作者クレジット
Stevie Wonder

A-03

Living For The City
邦:汚れた街
米国,英国共に同アルバムから2枚目のシングル。「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はドラム、ハンドクラップス(手拍子)、ローズ・ピアノ(エレクトリック)、トント式シンセサイザー、モーグ社シンセサイザー(アナログ)。
作者クレジット
Stevie Wonder

A-04

Golden Lady
邦:ゴールデン・レディ
「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はドラム、ピアノ、ローズ・ピアノ(エレクトリック)、トント式シンセサイザー、モーグ社シンセサイザー(アナログ)。ハモンド・オルガンは「Clarence Bell/クラレンス・ベル」、アコースティック・ギターは「Ralph Hammer/ラルフ・ハマー」、コンガは「Larry Latimer/ラリー・ラティマー」。
作者クレジット
Stevie Wonder

B-01

Higher Ground
邦:ハイアー・グラウンド
米国,英国共に同アルバムから初シングル。「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はドラム、タンバリン、ハンドクラップス(手拍子)、ホーナー社クラヴィネット、モーグ社シンセサイザー(アナログ)。
作者クレジット
Stevie Wonder

B-02

Jesus Children Of America
邦:神の子供たち
「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はドラム、タンバリン、ハンドクラップス(手拍子)、ローズ・ピアノ(エレクトリック)、ホーナー社クラヴィネット、モーグ社シンセサイザー(アナログ)。
作者クレジット
Stevie Wonder

B-03

All In Love Is Fair
邦:恋
「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はドラム、ピアノ、ローズ・ピアノ(エレクトリック)。エレキベースは「Scott Edwards/スコット・エドワーズ」。
作者クレジット
Stevie Wonder

B-04

Don't You Worry 'bout A Thing
邦:くよくよするなよ!
米国では同アルバムから3枚目のシングル。「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はドラム、ピアノ、モーグ社シンセサイザー(アナログ)。シェイカーは「Yusuf Roahman/ユセフ・ラーマン」、ボンゴ,ラテン・ゴードは「Sheila Wilkerson/シェイラ・ウィルカーソン」。
B面は前アルバムから「Blame It On The Sun/ブレイム・イット・オン・ザ・サン」を収録。
作者クレジット
Stevie Wonder

B-05

He's Misstra Know-It-All
邦:いつわり
英国では同アルバムから3枚目のシングル。「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はドラム、コンガ、ハンドクラップス(手拍子)、ピアノ、トント式シンセサイザー。エレキベースは「Willie Weeks/ウィリー・ウィークス」。
尚、英国B面は4作前のアルバム「Signed, Sealed & Delivered/涙をとどけて」から「You Can't Judge A Book By It's Cover/表紙で本はわからない」を収録。
作者クレジット
Stevie Wonder





姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニュースオフィスソフト&テンプレート

From 2008 To 2018 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る