1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

さよならは愛の言葉

1973-04-14

概要

アルバム「Neither One Of Us/さよならは悲しい言葉」はモータウン・グル-プ「Soul Records/ソウル・レコ-ド」時代最後のアルバム。米国R&Bアルバムでは初の1位(2週連続)、米国アルバムでも初のトップ10入り。同アルバムを併せ1973年から1974年にかけて、4枚連続で米国R&Bアルバム1位を記録しています(全曲録音サントラ盤「Claudine/クローディン」含む)。

更新日:2018/12/27


参考画像1


参考画像

参考画像下
※1973年4月14日付米国R&Bアルバム・チャート(当時=Soul-LP)/挿入画像=米国盤LP

アルバム概要

「Gladys Knight & The Pips/グラディス・ナイト&ザ・ピップス」にとって、初めてグループのコンセプトを反映させ、商業的にも大成功を収めたアルバム。この後「Buddaah/ブッダ」に移籍して全盛時代を迎えます。

関連ページ

米国R&Bアルバム1位
クロ―ディン(映画=愛しのクローディン)

今日の出来事

1974年4月22日公開米国映画「Claudine/愛しのクローディーン(日本公開1974年9月14日)」のサントラ盤。「Gladys Knight (& The Pips)/グラディス・ナイト(&ザ・ピップス)」が全曲録音、米国R&Bア ...

続きを読む

情報更新:2018/12/10


米国R&Bアルバム1位
イマジネーション

今日の出来事

アルバム「Imagination/イマジネーション」は1973年10月にリリース。同73年12月15日から翌1974年1月25日まで、7週間連続で米国R&Bアルバム1位(2枚目の1位)、更に米国アルバムでも9位を記録。 ...

続きを読む

情報更新:2019/01/12


米国R&Bアルバム1位
アイ・フィール・ア・ソング

今日の出来事

アルバム「I Feel A Song/アイ・フィール・ア・ソング」は1974年11月に「Buddaah/ブッダ」でのセカンド・アルバムとしてリリース。同74年12月28日に米国R&Bアルバム1位(米国17位,英国20位)を記録。 ...

続きを読む

情報更新:2019/01/13


関連アーティスト情報

Gladys Knight
グラディス・ナイト

1944/05/28

米国ジョージア州アトランタ生まれのアフリカ系米国人。誕生名「Gladys Maria Knight」で女性R&Bシンガー,ソングライター,プロデューサーとして活動。1952年(7歳時)にTV番組のコンテストで優 ... 続きを読む

情報更新:2014/11/24


アルバム収録曲

Neither One Of Us
さよならは悲しい言葉

A-01

Neither One Of Us
邦:さよならは悲しい言葉
正:Neither One Of Us (Wants To Be The First To Say Goodbye)
アルバムのタイトル曲で代表シングル。「Gladys Knight/グラディス・ナイト」が新境地を開いたとされる録音曲。
作者クレジット
Jim Weatherly

A-02

It's Gotta Be That Way
邦:イッツ・ガッタ・ビー・ザット・ウェイ
作者クレジット
David Jones/Wade Brown Jr./Johnny Bristol

A-03

For Once in My Life
邦:フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ
1965年に楽譜出版した楽曲をカヴァー。シングルは「Daddy Could Swear. I Do Declare/ダディ・クッド・スウェア」のB面。楽曲は「Orlando Murden/オーランド・マーデン」が作曲したインストゥルメンタルに対して、「Ron Miller/ロン・ミラー」が詞を付け、1968年に録音した「Stevie Wonder/スティーヴィー・ワンダー」版が世界的ヒット。
作者クレジット
Ron Miller/Orlando Murden

A-04

This Child Needs Its Father
邦:ジス・チャイルド
作者クレジット
Nick Zesses/Dino Fekaris

A-05

Who Is She
邦:フー・イズ・シー
正:Who Is She (And What Is She To You)
作者の一人「Bill Withers/ビル・ウィザース」のアルバム収録曲をタイトル変更してカヴァー。「Creative Source/クリエイティヴ・ソース」がタイトル「Who Is He, And What Is He To You/フー・イズ・ヒー?(オリジナル邦題)」として、また「Meshell Ndegeocello/ミシェル・ンデゲオチェロ」がカヴァー、タイトル「Who Is He And What Is He To You/ホワット・イズ・ヒー・トゥ・ユー」として、カヴァーヒットさせています。
作者クレジット
Bill Withers/Stan McKenny

B-01

And This Is Love
邦:アンド・ジス・イズ・ラヴ
作者クレジット
Sylvia Moy/Frederick Long

B-02

Daddy Could Swear, I Declare
邦:ダディ・クッド・スウェア
「Bubba Knight/ブッバ・ナイト」,「Gladys Knight/グラディス・ナイト」兄妹と「Johnny Bristol/ジョニー・ブリストル」の合作曲
作者クレジット
Johnny Bristol/Gladys Knight/Merald Knight

B-03

Can't Give It Up No More
邦:キャント・ギヴ・イット・アップ
シングルは「Neither One Of Us (Wants To Be The First To Say Goodbye)/さよならは悲しい言葉」のB面。楽曲はモータウン・プロダクション・チーム3人の合作曲。
作者クレジット
David Jones/Wade Brown Jr./Johnny Bristol

B-04

Don't It Make You Feel Guilty
邦:ユー・フィール・ギルティ
作者クレジット
David Jones/Wade Brown Jr./Johnny Bristol





姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニュースオフィスソフト&テンプレート

From 2008 To 2019 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る