1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Music Of My Mind/心の詩

1972-07-15

概要

「Music Of My Mind/心の詩」は1972年3月3日にリリースされた「Stevie Wonder/スティーヴィー・ワンダー」のアルバム。同年7月15日に米国最高位21位(年間アルバム47位)など商業的にも成功、2003年出版「ローリング・ストーン誌の選ぶオールタイム・ベストアルバム500」で284位に選出など、「スティーヴィー・ワンダー」にとってアルバム・アーティストとして評価を得た初めてのアルバムとされています。健常者でも至難とされるモータウン経営陣からアルバム・プロデュース権を確保、以降の「スティーヴィー・ワンダー」サウンドの確立へ重要な役割を果たしています。

更新日:2018/04/27


参考画像1参考画像2


参考画像

※1段目:米国盤アルバム・ジャケット外側=表/裏 ※2段目:ジャケット内側=見開き ※3段目左:ホーナー社クラヴィネット(手前) ※3段目右:トント式シンセサイザー

アルバム概要

前アルバム「Where I'm Coming From/青春の軌跡」では、全曲ソングライティング及びプロデュースも担当。「Music Of My Mind/心の詩」では、自身のサウンドをミュージシャンとして展開。次アルバム「Talking Book/トーキング・ブック」誕生へ繋いでいます。
当時のモータウンでアルバム・プロデュース権を確保して成功したパフォーマーは「Marvin Gaye/マーヴィン・ゲイ」のみ。元々プロダクション・チームで活躍した「マーヴィン・ゲイ」と異なり、「スティーヴィー・ワンダー」は余りにも経験不足でしたが、プロデュース2作目では、「Robert Margouleff And Malcolm Cecil/ロバート・マーゴレフ・アンド・マルコム・セシル」をサポート・プロデューサー(シンセサイザー・プログラミング)に抜擢、ミュージシャンとしての録音に多くの時間を使い、一方シンセサイザーの実験的なアルバムを成功に導いています。

関連ページ

米国アルバム62位
Where I'm Coming From/青春の軌跡

今日の出来事

「Where I'm Coming From/青春の軌跡」は1971年4月12日にリリースされたアルバム。「Steviie Wonder/スティーヴィー・ワンダー」は初めて全曲をプロデュース、また全曲が当時の妻「Syreeta Wrigh ...

続きを読む

情報更新:2018/04/25


米国アルバム3位
Talking Book/トーキング・ブック

今日の出来事

「Talking Book/トーキング・ブック」は1972年10月28日にリリースした「Stevie Wonder/スティーヴィー・ワンダー」のアルバム。米国では登場3週目の1973年2月3日に最高位3位、英国でも登場3週目 ...

続きを読む

情報更新:2018/05/10


米国アルバム4位
Innervisions/インナーヴィジョンズ

今日の出来事

「Innervisions/インナーヴィジョンズ」は1973年8月3日にリリースした「Stevie Wonder/スティーヴィー・ワンダー」のアルバム。米国では登場5週目の1973年9月22日に最高位4位、英国でも登場2週 ...

続きを読む

情報更新:2018/05/15


米国アルバム1位
ファースト・フィナーレ

今日の出来事

「Fulfillingness' First Finale/ファースト・フィナーレ」は1974年7月22日にリリースした「Stevie Wonder/スティーヴィー・ワンダー」のアルバム。米国では登場6週目の1974年9月14日に1位、英国 ...

続きを読む

情報更新:2018/05/17


関連アーティスト情報

Stevie Wonder
スティーヴィー・ワンダー

1950/05/13

米国ミシガン州サギノー生まれ(保育器内過量酸素による未熟児網膜症で盲目)。誕生名「Stevland Hardaway Judkins」,法律上の本名は「Stevland Morris/スティーヴランド・モーリス」に改名。R&B ... 続きを読む

情報更新:2009/02/12


Syreeta
シリータ

1946/08/03 ~ 2004/07/06

米国ペンシルヴァニア州フィラデルフィア生まれのアフリカ系米国人。誕生名「Syreeta Wright Muhammad」,通称「Syreeta Wright/シリータ・ライト」で女性R&Bシンガー,ソングライターとして活動 ... 続きを読む

情報更新:2010/02/14


Yvonne Wright
イヴォンヌ・ライト

19xx/xx/xx

米国ペンシルヴァニア州フィラデルフィア生まれのアフリカ系米国人で「Syreeta/シリータ」の実妹。誕生名「Yvonne Lowrene Wright」で女性セッション・シンガー・ ソングライター(R&B/ソウル)と ... 続きを読む

情報更新:2018/04/29


Robert Margouleff And Malcolm Cecil
ロバート・マーゴレフ・アンド・マルコム・セシル

1970年(結成/活動)

米国の「Robert Margouleff/ロバート・マーゴレフ」,英国の「Malcolm Cecil/マルコム・セシル」によるシンセサイザー・プロジェクト。1970年に「Caldera/カルデラ」クレジットでアルバム「A Moog Mas ... 続きを読む

情報更新:2018/04/30


アルバム収録曲

Music Of My Mind
心の詩

A-01

Love Having You Around
邦:ラヴ・ハヴィング・ユー・アラウンド
トロンボーンはゲスト「Art Baron/アート・バロン」。「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はドラム、トーク・ボックス、ローズ・ピアノ(エレクトリック)、モーグ社シンセサイザー(アナログ)。
作者クレジット
作詞:Syreeta Wright/作曲:Stevie Wonder

A-02

Superwoman (Where Were You When I Needed You)
邦:スーパーウーマン
米国では7インチ編集盤をシングルカット。ギターはゲスト「Buzz Feiten/バズ・フェイテン」。「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はドラム、ローズ・ピアノ(エレクトリック)、モーグ社シンセサイザー(アナログ)、トント式シンセサイザー。
作者クレジット
Stevie Wonder

A-03

I Love Every Little Thing About You
邦:アイ・ラヴ・エヴリ・リトル・シング
米国シングルでは「Superwoman/スーパー・ウーマン」のB面。「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はドラム、ボンゴ、ローズ・ピアノ(エレクトリック)、モーグ社シンセサイザー(アナログ)。
作者クレジット
Stevie Wonder

A-04

Sweet Little Girl
邦:スウィート・リトル・ガール
「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はドラム、ハーモニカ、キーボード、ローズ・ピアノ(エレクトリック)、モーグ社シンセサイザー(アナログ)。
作者クレジット
Stevie Wonder

B-01

Happier Than the Morning Sun
邦:輝く太陽
「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はローズ・ピアノ(エレクトリック)、モーグ社シンセサイザー(アナログ)。
作者クレジット
Stevie Wonder

B-02

Girl Blue
邦:ガール・ブルー
「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はドラム、パーカッション、ハーモニカ、トーク・ボックス、モーグ社シンセサイザー(アナログ)、トント式シンセサイザー。
作者クレジット
作詞:Yvonne Wright/作曲:Stevie Wonder

B-03

Seems So Long
邦:シームズ・ソー・ロング
「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はドラム、キーボード、モーグ社シンセサイザー(アナログ)、トント式シンセサイザー。
作者クレジット
Stevie Wonder

B-04

Keep on Running
邦:キープ・オン・ランニング
米国では7インチ編集盤をシングルカット。「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はドラム、ピアノ、モーグ社シンセサイザー(アナログ)、ホーナー社クラヴィネット。
作者クレジット
Stevie Wonder

B-05

Evil
邦:悪魔
米国シングルでは「Keep On Running/キープ・オン・ランニング」のB面。「スティーヴィー・ワンダー」の演奏はドラム、ピアノ、モーグ社シンセサイザー(アナログ)、トント式シンセサイザー。
作者クレジット
作詞:Yvonne Wright/作曲:Stevie Wonder





姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニュースオフィスソフト&テンプレート

From 2008 To 2018 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る