1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

青年期(後半)

1968-12-08

-

概要

日付はアルバム「For Once In My Life/フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ」のリリース日。同アルバム及び「My Cherie Amour/マイ・シェリー・アモール」、スタジオ・アルバム2枚共にモータウンが世界進出を計りジャズ・スタンダードから合作オリジナル曲まで収録。以降は米国ライヴ・アルバム,英国ライヴ・アルバムと続き、個性を出し始めたスタジオ・アルバム「Signed, Sealed & Delivered/涙をとどけて」、そして米国2枚目のベスト・アルバムをリリースしています。
尚、参考画像1段目はモータウンとしての来日ライヴ・アルバムですが、「スティーヴィー・ワンダー」にとっては初来日。また2枚目のベスト・アルバムはリリース順では次時代ですが、録音日や実態を考慮しましたのでお含みおきください。

更新日:2018/01/30


参考画像

参考画像1段目:日本LP左から
※タムラ・モータウン・フェスティヴァル・イン・東京(オムニバス形式ライヴ1968年2月13日渋谷公会堂)=ジャケット表/裏

参考画像2段目:米国LP左から
※For Once In My Life/フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ ※My Cherie Amour/マイ・シェリー・アモール ※Stevie Wonder Live/スティービー・オン・ステージ

参考画像3段目:米国他LP左から
※Live At The Talk Of The Town (当時:英国,欧州のみ) ※Signed, Sealed & Delivered/涙をとどけて ※Greatest Hits Volume 2/ベスト・ヒッツ

参考画像1参考画像2参考画像3


ヴォーカリストとして世界進出

モータウンは異国文化とのトラブル回避目的などから、所属アーティストの海外ライヴでの服装を指定していましたが、「スティーヴィ・ワンダー」も例外に漏れず「タキシード」,「スーツ」でのライヴやLPジャケットが多い時代。次時代ではアルバム・プロデュース,編曲にも取り組みますが、服装やLPジャケットも自由な時代を迎えます。
ミュージシャンとしての全盛期を迎える直前ですが、若いヴォーカリストとして充実した時代を過ごしたのでは、と個人的には思っています。

関連ページ

スティーヴィー・ワンダー
少年期(前編)

今日の出来事

日付は初シングル楽譜出版日。「I Call It Pretty Music But The Old People Call It The Blues」は1962年5月にリリースされ、「Stevie Wonder/スティーヴィー・ワンダー」の初録音及びデビュー ...

続きを読む

情報更新:2017/07/18


スティーヴィー・ワンダー
少年期(中編)

今日の出来事

日付はシングル「Fingertips/フィンガーティップス」ビルボードHot100初チャートイン日。1962年5月の初シングルは商業的に不発。1962年6月のライヴで可能性を披露していますが、同アルバムは ...

続きを読む

情報更新:2017/07/18


スティーヴィー・ワンダー
少年期(後編)

今日の出来事

日付はシングル「Hey Harmonica Man/ヘイ・ハーモニカ・マン」の米国リリース日。各国によって事情は異なりますが、米国では別名を除き、全ての新譜クレジットが「Stevie Wonder/スティーヴィー ...

続きを読む

情報更新:2017/07/18


スティーヴィー・ワンダー
青年期(前半)

今日の出来事

日付はシングル「Up-Tight/アップ・タイト」の米国リリース日。同曲は翌1966年1月22日からR&Bチャートで5週連続1位を記録、変声期を乗り越えヒットチャートでも復活を果たし、英国で初チャー ...

続きを読む

情報更新:2018/01/29


関連アーティスト情報

Stevie Wonder
スティーヴィー・ワンダー

1950/05/13

米国ミシガン州サギノー生まれ(保育器内過量酸素による未熟児網膜症で盲目)。誕生名「Stevland Hardaway Judkins」,法律上の本名は「Stevland Morris/スティーヴランド・モーリス」に改名。R&B ... 続きを読む

情報更新:2009/02/12




石橋楽器店


姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニュースオフィスソフト&テンプレート


From 2008 To 2018 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る