1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

青年期(前半)

1965-11-22

-

概要

日付はシングル「Up-Tight/アップ・タイト」の米国リリース日。同曲は翌1966年1月22日からR&Bチャートで5週連続1位を記録、変声期を乗り越えヒットチャートでも復活を果たし、英国で初チャートインなど世界進出のキッカケとなった楽曲。以降ヒット曲を続けスタジオ・アルバム3枚も成功、その後は初のクリスマス・アルバム、初のコンピ・アルバム(ベスト・アルバム)、初のインストゥルメンタル・アルバムなどをリリース。日本でも初アルバム「Stevie Wonder Greatest Hits/決定版:これがスティービー・ワンダー」をリリース。同アルバムは米国盤と異なる内容で楽曲を収録、輸入盤に限っていた日本では、事実上「お披露目アルバム」の役割を果たしています。

更新日:2018/01/29


参考画像

参考画像1段目:米国盤LP左から
※Up-Tight/アップタイト ※Down To Earth/太陽のあたる場所 ※I Was Made To Love Her/愛するあの娘に

参考画像2段目:米国盤LP左から
※Someday At Christmas/想い出のクリスマス ※Greatest Hits (日本:別内容盤リリース=下段参照) ※Eivets Rednow/後年邦題アルフィー(イーヴェレッツ・レッド・ナウ)=別名リリース

参考画像3段目
※日本初アルバム:Stevie Wonder Greatest Hits/決定版「これがスティービー・ワンダー」

参考画像1参考画像2参考画像3


本格的ステップ・アップ

「Stevie Wonder/スティーヴィー・ワンダー」のステップ・アップを象徴する時代。存在価値をモータウン社長「Berry Gordy/ベリー・ゴーディ」にも本格的に認められ、クリスマス・アルバム,ベスト・アルバムなどもリリースされています。
個人的な意見ですがヴォーカル・スタイルなど良い意味で全てが柔軟、後に独自サウンドを形成する礎となった時代と思っています。

関連ページ

スティーヴィー・ワンダー
少年期(前編)

今日の出来事

日付は初シングル楽譜出版日。「I Call It Pretty Music But The Old People Call It The Blues」は1962年5月にリリースされ、「Stevie Wonder/スティーヴィー・ワンダー」の初録音及びデビュー ...

続きを読む

情報更新:2017/07/18


スティーヴィー・ワンダー
少年期(中編)

今日の出来事

日付はシングル「Fingertips/フィンガーティップス」ビルボードHot100初チャートイン日。1962年5月の初シングルは商業的に不発。1962年6月のライヴで可能性を披露していますが、同アルバムは ...

続きを読む

情報更新:2017/07/18


スティーヴィー・ワンダー
少年期(後編)

今日の出来事

日付はシングル「Hey Harmonica Man/ヘイ・ハーモニカ・マン」の米国リリース日。各国によって事情は異なりますが、米国では別名を除き、全ての新譜クレジットが「Stevie Wonder/スティーヴィー ...

続きを読む

情報更新:2017/07/18


スティーヴィー・ワンダー
青年期(後半)

今日の出来事

日付はアルバム「For Once In My Life/フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ」のリリース日。同アルバム及び「My Cherie Amour/マイ・シェリー・アモール」、スタジオ・アルバム2枚共にモータウンが世 ...

続きを読む

情報更新:2018/01/30


関連アーティスト情報

Stevie Wonder
スティーヴィー・ワンダー

1950/05/13

米国ミシガン州サギノー生まれ(保育器内過量酸素による未熟児網膜症で盲目)。誕生名「Stevland Hardaway Judkins」,法律上の本名は「Stevland Morris/スティーヴランド・モーリス」に改名。R&B ... 続きを読む

情報更新:2009/02/12







姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニュースオフィスソフト&テンプレート

From 2008 To 2018 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る