1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

少年期(前編)

1962-04-12

-

概要

日付は初シングル楽譜出版日。「I Call It Pretty Music But The Old People Call It The Blues」は1962年5月にリリースされ、「Stevie Wonder/スティーヴィー・ワンダー」の初録音及びデビュー・シングルとなっています。同曲は「Part.1 & Part.2」で構成されていますが、別時期に完成しているので、「Part.1」については楽譜出版時にパート表記はありません。
参考画像1は後年の資料ですが、1962年1月から6月までに楽譜出版された楽曲をアルファベット順に表記しています。上記楽曲では黄枠の「Part.1:パート表記なし」が1962年4月12日(12Apr62)に楽譜出版、赤枠の「Part.2」が1962年5月25日(25May62)に楽譜出版。以下2曲共に同情報として、作者情報は(w & m:writer & music)となっているので合作扱い、「Clarence Paul/クラレンス・ポール」,「Berry Gordy/ベリー・ゴーディー」が合作社、「Jobete Music Co.:モータウン・グループの音楽出版社」が管理会社、などが表記されています(一番最後は整理番号)。

更新日:2017/07/18


参考画像

参考画像下1段目:米国
楽譜出版情報:後年

参考画像下2段目ビルボード誌
紹介記事:プロモ盤画像は当サイト貼付

参考画像下3段目:米国シングル
左:7インチ盤プレス面
右:7インチ盤ジャケット表

参考画像1参考画像2参考画像3


プロモ盤配布,再リリースなど

同曲の場合1962年5月(日付不明)にラジオ局などにプロモ盤を配布。当時の米国ではラジオDJなどの新譜紹介実績に応じて、米国ビルボードHot100の「Bubbling Under The Hot 100:通称バブル・チャート」に登場しますが、同チャートは当時2週間を限度としていたこともあり、同曲はHot100チャート外に終わっています。
しかし、6月9日のビルボード誌に新譜紹介され、また6月のライヴが好評だったこともあり、一般販売用シングルのリリース、更に.カヴァー・ジャケット付シングルもリリースしています。
その後「スティーヴィー・ワンダー」が音楽界で成功するまでには、更に1年近くを要しています。

関連ページ

米国アルバム1位
12イヤー・オールド (後年邦題:フィンガーティップス)

今日の出来事

「The 12 Year Old Genius - Recorded Live/12イヤー・オールド (後年邦題:フィンガーティップス)」は「Stevie Wonder/スティーヴィー・ワンダー」によるライヴ・アルバム。1962年6月イリノイ州シ ...

続きを読む

情報更新:2017/07/18


スティーヴィー・ワンダー
少年期(中編)

今日の出来事

日付はシングル「Fingertips/フィンガーティップス」ビルボードHot100初チャートイン日。1962年5月の初シングルは商業的に不発。1962年6月のライヴで可能性を披露していますが、同アルバムは ...

続きを読む

情報更新:2017/07/18


スティーヴィー・ワンダー
少年期(後編)

今日の出来事

日付はシングル「Hey Harmonica Man/ヘイ・ハーモニカ・マン」の米国リリース日。各国によって事情は異なりますが、米国では別名を除き、全ての新譜クレジットが「Stevie Wonder/スティーヴィー ...

続きを読む

情報更新:2017/07/18


関連アーティスト情報

Stevie Wonder
スティーヴィー・ワンダー

1950/05/13

米国ミシガン州サギノー生まれ(保育器内過量酸素による未熟児網膜症で盲目)。誕生名「Stevland Hardaway Judkins」,法律上の本名は「Stevland Morris/スティーヴランド・モーリス」に改名。R&B ... 続きを読む

情報更新:2009/02/12






姉妹サイト

  • 〒・住所・地図・衛星写真
  • 日本の島々
  • 電話番号検索&国際電話情報
  • 日本・世界の伝統色&ウェブカラー
  • MyAdviser専門家検索
  • HP制作ヒント&PCニュース
  • From 2008 To 2017 By T.Yoshimura

    Copyright © 洋楽データベース

    ページトップへ戻る