トップページアーティストタイトル曲名フリー検索今日は何の日週間Top10週間1位R&B:1位年間ランク通算ランク更新情報日本:洋楽サイト案内
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

注:一般営業は4月オープンから開始

1891-05-05

-

概要

「Carnegie Hall/カーネギー・ホール」は米国ニューヨーク市にあり音楽ジャンルを問わずコンサートが開催される音楽の殿堂。2,804席の「Issac Stern Auditorium/アイザック・スターン・オーディトリアム」は通称「メインホール」で多目的、599席の「Zankel Hall/ザンケル・ホール」は主に室内楽、268席の「Weill Recital Hall/ウェイル・リサイタルホール」は主に小リサイタル、3ホールで構成されています。

更新日:2016/05/05


参考画像

下1段目/左:カーネギー・ホール(1895年)
下1段目/右:カーネギー・ホール(2012年)

参考画像1


日本人とカーネギーホール

1963年10月「I George/アイ・ジョージ」が日本の歌手として初出演、1976年6月には「朱里エイコ」がゲスト出演ながら日本人女性としてを初出演を実現。しかし1980年代以降は「円高」,「経済成長」,「バブル景気」などにより、日本からツアーを組む公演や現地日本人,日系人を動員する公演が続出します。
カーネギー公演に限ったことではありませんが、実力を疑問視する現地の評価も続出。また完売なのに空席だらけの興行(旅行業者など企画関係者が負担)、及び日本人観客のマナーの悪さが指摘された現地報道もあるようです。
実際に高い評価をされたアーティストも存在しますが、その多くは後に米国の専門誌などで知るのみとなっています。

関連ページ

アイ・ジョージ
日付時刻:館内ポスター参照

今日の出来事

「I George/アイ・ジョージ」及び関係者の夢でもある日本人初のカーネギー・ホール公演を実現。デビュー以降は順調に活動していた「アイ・ジョージ」は日本からバンド・メンバーを揃え、レーベルも ...

続きを読む

情報更新:2016/05/05


朱里エイコ:カーネギー・ホールにゲスト出演
リカルド・デュエットと共演

今日の出来事

フィリピン出身で米国で活動するコミック・ヴォーカル・デュオ「Reycard Duet/リカルド・デュエット」のショーに「朱里エイコ」がゲスト参加。「朱里エイコ」は当時米国の東海岸では知名度が低く、 ...

続きを読む

情報更新:2016/05/05


関連アーティスト情報

I George
アイ・ジョージ

1933/09/27

英国領(現:中国)香港生まれ(父親:日本人/母親:スペイン系)。本名「石松 譲冶/イシマツ・ジョウジ」,初期芸名「黒田 春夫/クロダ・ハルオ」で歌手,作曲家,俳優として活動。1953年から歌手活動を始 ... 続きを読む

情報更新:2016/06/01


Eiko Shuri
エイコ・シュリ (朱里エイコ)

1948/03/19 ~ 2004/07/31

日本東京都生まれ(東京都新宿目白学園出身)。母親「田辺静枝」は国際的な舞踊家「朱里みさを/シュリ・ミサヲ」。本名「田辺 栄子/タナベ・エイコ」、初期クレジット「田辺エイ子/タナベ・エイコ」での ... 続きを読む

情報更新:2016/06/22







姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニューススポーツ

From 2008 To 2019 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る