邦:オープン・ザ・ドア・リチャード

Dusty Fletcher
ダスティ・フレッチャー

収録アルバムなど

左画像:Open The Door, Richard, Pts. 1 & 2 (Dusty Fletcher) MP3

参考画像にリンク設定はありません

情報更新:2011/10/08

Youtube動画

Youtube動画:当サイト表示

Youtube動画:検索

制作スタッフ/サンプリング

ソングライター:

作詞(原曲):Dusty Fletcher/John Mason
作曲(原曲):Dusty Fletcher/Dan Howell
作詞(1946年改変):Jack McVea
※「Dusty Fletcher」盤をリリースした「National Records」の抗議で4名合作クレジット

概要

「Dusty Fletcher/ダスティー・フレッチャー」は作者の一人としてクレジットされ、舞台では1920年代から同曲を歌っていましたが体調を崩しセミ・リタイア。レコードとしては1946年10月に「Jack McVea/ジャック・マクヴィー」が詞を書き直して初録音、チャート上では1947年1月録音の「ダスティー・フレッチャー」バージョンが2月8日に初登場(10位)しています。

最終的には2月15日チャート入の「Count Basie/カウント・ベイシー」盤が、インすトゥルメンタルとして翌週2月22日1位と最上位ヒット。初録音「ジャック・マクヴィー」盤も2月22日にチャート入して3月1日に最高位7位、他に「Louis Jordan/ルイ・ジョーダン」盤も3月15日に7位を記録。「ダスティー・フレッチャー」盤は「有色人種向上協会」から「自虐的」と抗議され放送禁止となりますが、唯一年間ランク入曲となっています。


チャート/表彰など

主要チャート

米国Billboard-Best-Sellers:1947/02/223位


年間ランク,表彰

1946年Billboard年間ランク:45位

1947年Billboard年間ランク:44位


収録シングルなど

リリース(米国または英国):1947/01/xx

Open The Door, Richard Part.1 & Part.2 (National-4012)






姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニュースオフィスソフト&テンプレート

From 2008 To 2018 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る