カヴァー簡易版

メドレーは2曲別々表示の場合あります。

邦:偽りのウェディング・ベル(参考代表邦題)

正:It Should Have Been Me
Adeva
アディーヴァ

参考画像左
米国8曲入CDシングル盤ジャケット表

参考画像下
※1段目:米国8曲入CDシングル盤ジャケット表/裏 ※2段目:米国CDアルバム盤ジャケット表/裏
参考画像にリンク設定はありません

情報更新:2019/01/13

Youtube動画

Youtube動画:検索

制作スタッフ/サンプリング

ソングライター:

William Stevenson (Mickey Stevenson)/Norman Whitfield

プロデュース・編曲・リミックス:

プロデュース:Smack Music Inc./Def Mix Productions

概要

同名異曲もありますが1963年「Kim Weston/キム・ウェストン」が初録音(チヤート外)した楽曲をカヴァー。「Adeva/アディーヴァ」版は「Smack/スマック」などのプロデュースによる複数ヴァージョン、オリジナルは1991年アルバム「Love Or Lust?/ラヴ・オア・ロスト?(邦題=アルバム・タイトルのみ)」に収録されています。

楽曲は「ノーマン・ホィットフィールド」,「Mickey Stevenson/ミッキー・スティーヴンソン」による合作曲。「Gladys Knight & The Pips/グラディス・ナイト&ザ・ピップス」が1968年米国40位(R&B:9位)、「Yvonne Fair/イヴォンヌ・フェアー」が1976年米国85位,英国5位、などのカヴァーヒットを記録しています。


チャート/表彰など

主要チャート

英国:1991/10/1948位

米国ダンス(ClubPlay):1991/12/211位


収録シングルなど

リリース(米国または英国):1991/10/xx

米国CDシングル盤(Capitol Records-C2-15730)
トラック-1:It Should Have Been Me (Hype Radio Mix)
トラック-2:It Should Have Been Me (Def Radio Mix)
トラック-3:It Should Have Been Me (Extended Remix)
トラック-4:It Should Have Been Me (Classic Club Mix)
トラック-5:It Should Have Been Me (Def Club Mix)
トラック-6:It Should Have Been Me (Def Zone Mental)
トラック-7:It Should Have Been Me (Sound Factory Mix)
トラック-8:It Should Have Been Me (LP Version)

米国12インチ盤(Capitol Records-V-15730)
A-1:It Should Have Been Me (Extended Remix)
A-2:It Should Have Been Me (Def Club Mix)
B-1:It Should Have Been Me (Classic Club Mix)
B-2:It Should Have Been Me (Def Zone Mental)

英国12インチ盤3曲A面(Cooltempo-X-236)
A面:It Should've Been Me (Touchdown Mix)
A面B-1:It Should've Been Me (Classic Club Mix)
A面B-2:It Should've Been Me (Def Club Mix)

英国7インチ盤(Cooltempo-Cool-236)
A面:It Should've Been Me
B面:It Should've Been Me (Touchdown Edit)






姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニューススポーツ

From 2008 To 2019 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る