邦:ウドゥン・ハート(さらばふるさと)

Joe Dowell
ジョー・ダウェル

収録アルバムなど

左画像:Wooden Heart (Joe Dowell/ジョー・ダウェル)

参考画像にリンク設定はありません

情報更新:2012/03/31

Youtube動画

Youtube動画:検索

制作スタッフ/サンプリング

ソングライター:

Bert Kaempfert/Kay Twomey/Fred Wise/Ben Weisman

概要

19世紀初期のドイツ民謡をモチーフにした楽曲(下記参照)をカヴァー。「Joe Dowell/ジョー・ダウェル」版は事実上1960年「Elvis Presley/エルヴィス・プレスリー」の映画挿入曲のカヴァーですが、「エルヴィス・プレスリー」は米国シングル無(下記参照)で当時の米国では代表ヒットを記録しています。

楽曲はドイツ・シュヴァーベン地方の民謡「Muss I Denn Zum Stadtele Hinaus」をモチーフにした曲。原曲はマイスター(ドイツの職人制度)の全国行脚をテーマに「修行に出る男が故郷の恋人に対する想い」でしたが、歴史的には複数歌詞が付けられ、20世紀(第一次世界大戦)以降は「出生兵士が故郷に残した恋人に対する想い」が主流となっています。
日本でも明治時代から様々なタイトルや日本語歌詞で楽譜出版。第二次大戦後は作詞「夏目利江」,編曲「南辰雄」がタイトル「別れ」として日本語で書き換え、「遠い町から故郷の父母に対する想い(主人公の職種は意図的に不明)」をテーマにしています(作詞,編曲共に柴田南雄の別名)。以降も小中学校の音楽教材として使われることも多く、職人修行や出兵兵士をテーマにした歌詞は少ないようです。
第二次大戦後については、「Elvis Presley/エルヴィス・プレスリー」主演による1960年公開映画「G.I. Blues/G。I.ブルース」の挿入曲として知られますが、緩やかな反戦歌と解釈された米国では反響を考慮して当時シングル無し、シングル化した英国で1位(年間ランク2位)。他に「Bobby Vinton/ボビー・ヴィントン」が1975年に米国58位、などを記録しています。


チャート/表彰など

主要チャート

米国Billboard-Hot-100:1961/08/281位

米国A/C:1961/08/141位


年間ランク,表彰

1961年Billboard年間ランク:10位

1961年CashBox年間ランク:22位

1961年Billboard日本紹介:22位


リリース(米国または英国):1961/06/xx

関連アーティスト

Bert Kaempfert
ベルト・ケンプフェルト

1923/10/16 ~ 1980/06/21

ドイツ・ハンブルク生まれの作曲・編曲家,プロデューサー,バンドリーダー,ミュージシャン(ピアノ,クラリネット,サックスなど)。「Wonderland By Night/星空のブルース」,「Red Roses For A Blue ... 続きを読む

情報更新:2008/10/09


Elvis Presley
エルヴィス・プレスリー

1935/01/08 ~ 1977/08/16

米国ミシシッピー州テュペロ生まれのロックシンガー,俳優。本名は「Elvis Aron Presley」、尊称の「The King Of Rock 'N' Roll」でも知られ、音楽のみならず文化的社会的にも20世紀を代表する ... 続きを読む

情報更新:2009/02/13


Bobby Vinton
ボビー・ヴィントン

1935/04/16

米国ペンシルヴァニア州キャノンスバーグ生まれのポーランド系米国人。誕生名「Stanley Robert Vinton Jr.」で、ポップシンガー,バンドリーダー,マルチプレイヤー(クラリネット・オーボエ・ド ... 続きを読む

情報更新:2009/05/23







姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニュースオフィスソフト&テンプレート

From 2008 To 2018 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る