トップページアーティストタイトル曲名フリー検索今日は何の日週間Top10週間1位R&B:1位年間ランク通算ランク更新情報日本:洋楽サイト案内

オードリー・ヘップバーン



基本情報

オリジナル&カヴァーヒット特集

米国,英国及び専門チャート(1)

検索:ショップ/動画/ウェブサイト

情報更新:2019/06/30

別日本語表記/同名区分/別名/リーダーバンド/プロジェクト

※日本表記(組合せ複数):オードリィー,ヘップバーン


アーティスト/イメージ(アルバムなど)

左画像:

1961年米国サントラ盤「Breakfast At Tiffany's/ティファニーで朝食を」=Audrey Hepburn,オードリー・ヘップバーン

参考画像にリンク設定はありません

アーティスト概要

1929-05-04:ベルギー王国ブリュッセル首都圏地域イクセル生まれ。父親はオーストリア及び英国系、母親はフリース系オランダ人で貴族系、主にベルギー,オランダ,英国育ち(誕生後から頻繁に3国を移住)。誕生名「Audrey Kathleen Ruston」、日本では「オードリー・ヘップバーン」、及び「オードリィー」,「ヘプバーン」を組み合わせた表記も多数。出世作は舞台ミュージカル「GiGi/ジジ」、以降は米国映画の全盛時代を代表する女優として、また日本でも20世紀を代表する女優の一人として知られています。


メモ

舞台ミュージカル「GiGi/ジジ」が出世作ですが、以降は「Breakfast At Tiffany's/ティファニーで朝食を」における、挿入曲「Moon River/ムーン・リヴァー」のみと思われ、「My Fair Lady/マイ・フェア・レディ」などでは、「Marni Nixon/マーニ・ニクソン」による吹替録音。
一般的には映画女優として成功を収め、1953年公開米国映画「Roman Holiday/ローマの休日」ではアカデミー賞「Best Actress/最優秀主演女優賞」受賞。また1961年公開米国映画「Breakfast At Tiffany's/ティファニーで朝食を」、1967年「Wait Until Dark/暗くなるまで待って」、2作品で同賞にノミネートされています。

1954年から1968年まで米国人俳優,監督「Mel Ferrer/メル・ファーラー」、1969年から1982年までイタリア人精神科医「Andrea Dotti/アンドレア・ドッティ」と結婚。
1983年、1987年、1990年、3回の来日があります。


メモ

参考画像下
※1段目左:出世作:舞台ミュージカル「GiGi/ジジ」=オフ・ブロードウェイ(ピッツバーグ市ニクソン劇場ポスター) ※1段目右:同ブロードウェイ(右上=ニューヨーク市フルトン劇場看板前での記念写真/右下=出演中または練習中のスナップ) ※2段目左:「ティファニーで朝食を」日本版ポスター ※2段目右:同映画「Moon River/ムーン・リヴァー」歌唱シーン ※3段目左右:1961年米国盤「ティファニーで朝食を」サントラ盤(A-1トラック)=ジャケット表裏


関連画像

参考画像-1

参考画像-2

参考画像-3


アーティスト:死亡記事

1993-01-20:スイス連邦トロシュナの自宅にて死去。
1992年9月「ユニセフ親善大使」として活動中に痛みを発生。同年10月から11月「Cedars-Sinai Medical Center/シダーズ=サイナイ医療センター」で悪性腫瘍を発見(腹膜偽粘液腫)、既に手遅れで検査後はスイスの自宅に搬送、翌1993年1月20日に自宅で死去。


関連アーティスト情報

Henry Mancini
ヘンリー・マンシーニ

1924/04/26 ~ 1994/06/14

米国オハイオ州クリーヴランド生まれ,ペンシルヴァニア州育ちのイタリア系アメリカ人。誕生名「Enrico Nicola Mancini/エンリコ・ニコラ・マンシーニ」でピアニスト,作曲編曲家,バンドリーダ ... 続きを読む

情報更新:2010/06/17


Marni Nixon
マーニ・ニクソン

1930/02/22 ~ 2016/07/24

米国カリフォルニア州アルテダナ生まれ。女性シンガー(ソプラノ)としてオペラ・ミュージカル・映画女優の吹替など多彩な活動があり、特にハリウッド映画では尊称「The Voice Of Hollywood:ハ ... 続きを読む

情報更新:2016/09/21







姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニューススポーツ

From 2008 To 2020 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る