トップページアーティストタイトル曲名フリー検索今日は何の日週間Top10週間1位R&B:1位年間ランク通算ランク更新情報日本:洋楽サイト案内

ミヨシ・ウメキ(梅木美代志)



基本情報サイト内特集記事

検索:ショップ/動画/ウェブサイト

情報更新:2018/04/11

別日本語表記/同名区分/別名/リーダーバンド/プロジェクト

※ナンシー梅木 (ナンシー・ウメキ)


アーティスト/イメージ(アルバムなど)

左画像:

Flower Drum Song/フラワー・ドラム・ソング
Miyoshi Umeki,ミヨシ・ウメキ(梅木美代志)

参考画像にリンク設定はありません

アーティスト概要

1929-05-04:北海道小樽市生まれ(米国市民権取得)。本名「梅木 美代志/ウメキ・ミヨシ」,国内初期活動名「ナンシー梅木/ナンシー・ウメキ」でジャズ歌手,女優(舞台/映画/TV)として活動。1950年頃から1954年まで日本、1955年以降は米国で活動、1957年米国公開映画「Sayonara/サヨナラ」ではアカデミー賞「最優秀助演女優賞」を受賞、アジア系俳優では初の栄冠に輝いています。他にゴールデングローブ賞3回、トニー賞1回のノミネート実績があります。


メモ

米軍キャンプ地でジャズ歌手として活動を始め1948年に東京へ移住。東京でも米軍キャンプやラジオ放送で人気となり、1950年に日本ビクターからデビュー。「スイングジャーナル誌:1947年創刊」の人気投票では、1951年から1953年まで女性ヴォーカル部門1位となっています。
1955年に勉強目的で渡米。同55年にタレントスカウト番組「Arthur Godfrey Talent Scouts/アーサー・ゴットフリー・タレント・スカウト」に出場したことがキッカケとなり、同55年に「Mercury/マーキュリー」から初シングル「How Deep Is the Ocean」で米国デビュ-、1956年に初アルバム「Miyoshi Sings For Arthur Godfrey (Sings American In Japanese)」をリリースしています。
日本でも2本の映画出演はありましたが、1957年公開米国映画「Sayonara/サヨナラ」に新人女優として抜擢され、アカデミー賞「最優秀助演女優賞」を受賞。
米国での代表作としては、1958年初演ブロードウェイ・ミュージカル「The Flower Drum Song,/フラワー・ドラム・ソング」があり、主役「Mei Li/メイ・リ」役を務め上演回数も約600回を記録(1958年から59年期では最高)。また受賞には至りませんでしたが、トニー賞「Best Performance By A Leading Actress In A Musical」にノミネート、1961年米国公開の映画版でも主役を務めています。


メモ

1段目:左から
※日本時代の紹介記事 ※アカデミー助演女優賞受賞の紹介記事(1958年:明星誌切抜)
2段目
※フラワー・ドラム・ソング(ポスター)=赤枠:米国クレジット


関連画像

参考画像-1

参考画像-2


アーティスト:死亡記事

2007-08-28:米国ミズーリ州オザーク郡リッキング市の医療保養施設にて死去(ガン及び合併症)。
1958年から1967年まで「Wynn Opie:Frederick Winfield Opie」と結婚、1968年から1976年の死去まで「Randall Hoo」と再婚。「Wynn Opie」との間に息子が1人生まれ、直前までカリフォルニア州ロサンゼルス市シャーマン・オークスにある息子夫婦の住居近くで生活していたようです。


関連アーティスト情報

Arthur Godfrey
アーサー・ゴッドフリー,アーサー・ゴドフリー

1903/08/31 ~ 1983/03/16

米国ニューヨーク市生まれの英国系米国人。誕生名「Arthur Morton Leo Godfrey」,ニックネーム「The Old Redhead」でラジオキャスター・TVホスト,歌手,ウクレレ奏者,俳優として活動、米国では19 ... 続きを読む

情報更新:2012/04/14


James Shigeta
ジェームズ・シゲタ (ジェームズ繁田)

1929/06/17 ~ 2014/07/28

米国ハワイ州ホノルル生まれの日系米国人(三世)。誕生名「James Saburo Shigeta」,初期活動名「Guy Brion/ガイ・ブライオン」,米国歌手クレジット「Jimmy Shigeta/ジミー・シゲタ」などがあり、ニ ... 続きを読む

情報更新:2015/10/03







姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニューススポーツ

From 2008 To 2020 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る