カウント・ベイシー



基本情報サイト内特集記事

米国,英国及び専門チャート(9)

ゲスト,コラボ:一部(5)

年間ランク,表彰曲(2)

検索:ショップ/動画/ウェブサイト

情報更新:2010/02/17

アーティスト/イメージ(アルバムなど)

左画像:

On The Road
Count Basie,カウント・ベイシー

参考画像にリンク設定はありません

アーティスト概要

1904-08-21:米国ニュージャージー州レッド・バンク生まれのアフリカ系米国人。誕生名「William James Basie」でジャズ・ピアニスト,オルガン奏者,作曲編曲家,バンドリーダーとして活動、20世紀を代表するジャズ・ピアニストの一人として知られています。


メモ

父親はメロフォーン奏者,母親はピアニストという音楽一家に生まれ、幼少時から母親及び「Fats Waller」などにピアノを学び、1924年からボードビリアンとして活動を開始。その後ミズーリ州に移りサイレント映画の音楽製作などを経験、1928年7月に「Walter Page Blue Devils」に参加、1929年にローカルバンド参加を経て「Bennie Moten」バンドに加わりますが、1935年4月2日「Bennie Moten」死去によりバンドリーダーとしてバンドを継承。


メモ

バンドは当初カンザスシティを拠点にしていましたがシカゴ及びニューヨークなどで活動。更に1936年からメンバーを集め1937年に自身のバンドを結成、 「Buck Clayton」,「Carl Smith」,「Lester Young」,「Harry Edison」,「Claude Williams」,「Walter Page」,「Jo Jones」などが参加して高い評価を得ます。


メモ

1947年「Count Basie & Harry Edison & Bill Johnson」クレジットで「Open The Door Richard」が米国1位(R&B:2位)を記録しますが、第二次大戦後の不況によるバンド経営を救うことはできず1950年に一度バンドを解散。1951年にメンバー再編成及び編曲家も一新して活動を再開、1950年代から60年代にかけて英国など海外も含めて広く成功を収めます。


アーティスト:死亡記事

1984-04-26:米国フロリダ州の自宅にて死去(肝臓ガン)。1976年の心臓発作では数ケ月で退院、1981年の再入院も車イスで復帰を果たしていました。


関連アーティスト情報

Count Basie & Harry Edison & Bill Johnson
カウント・ベイシー&ハリー・エディソン&ビル・ジョンソン

1947年(結成/活動)

米国の「Count Basie」,「Harry Edison」,「Bill Johnson」によるスタジオ・セッション。同47年に「Open The Door Richard」が米国で1位(R&B:2位)を記録しています。続きを読む

情報更新:2010/02/17


Frank Sinatra & Count Basie
フランク・シナトラ&カウント・ベイシー

1964年(結成/活動)

米国の「Frank Sinatra」,「Count Basie」によるコラボレーション。「Reprise Records」からアルバム及びシングルをリリース、同64年にアルバム「It Might As Well Be Swing」が英国17位、シングル ... 続きを読む

情報更新:2010/02/17


Jackie Wilson & Count Basie
ジャッキー・ウィルソン&カウント・ベイシー

1968年(結成/活動)

米国の「Jackie Wilson」,「Count Basie」によるコラボレーション。同68年にシングル2曲がチャートイン、「For Your Precious Love」が米国49位,「Chain Gang」が米国84位を記録。同68年6月にブラ ... 続きを読む

情報更新:2010/02/17


関連アーティスト情報/ファミリー

Harry Edison
ハリー・エディソン

1915/10/10 ~ 1999/07/27

米国オハイオ州コロンバス生まれのアフリカ系米国人。誕生名同名,愛称「Sweets」,別名「EdisonHarry Sweets Edison」及び「Sweets Edison」でジャズ・トランペット奏者,作曲編曲家,バンドリーダー ... 続きを読む

情報更新:2010/02/17







姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニューススポーツ

From 2008 To 2019 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る