トップページアーティストタイトル曲名フリー検索今日は何の日週間Top10週間1位R&B:1位年間ランク通算ランク更新情報日本:洋楽サイト案内

デューク・エリントン



基本情報サイト内特集記事

オリジナル&カヴァーヒット特集

米国,英国及び専門チャート(8)

専門チャート:原則1位(5)

年間ランク,表彰曲(1)

旧形式ヒット一覧:ゲスト及びコラボ含む(7)

検索:ショップ/動画/ウェブサイト

情報更新:2009/11/28

別日本語表記/同名区分/別名/リーダーバンド/プロジェクト

※Duke Ellington And His Award Winners (デューク・エリントンと彼のアワード・ウィナーズ) ※Duke Ellington And His Orchestra (デューク・エリントンと彼のオーケストラ) ※Duke Ellington's Spacemen (デューク・エリントンのスペースマン) ※Duke's Trumpets (デュークのトランペット)


アーティスト/イメージ(アルバムなど)

左画像:

Never No Lament: The Blanton-Webster Band
Duke Ellington,デューク・エリントン

参考画像にリンク設定はありません

アーティスト概要

1899-04-29:米国ワシントンDC生まれのアフリカ系米国人。誕生名「Edward Kennedy Ellington」でジャズ・ピアニスト,作曲・編曲家,バンドリーダーとして活動、20世紀のジャズ及び米国音楽界を代表するミュージシャンとして死の直前まで第一線で活躍しています。息子に「Mercer Ellington/マーサー・エリントン」がいます。


メモ

執事をしていた父親の作法教育や7歳からピアノを習い始めたこともあり「Duke:公爵」の愛称が付けられます。ハイスクールで作曲を学び始め1916年にニューヨークに移住、翌1917年からナイト・クラブなどでプロ・ピアニストとして活動、1918年には初めてバンドリーダーとしてバンドを結成。


メモ

1927年から32年までにニューヨーク市の高級クラブ「Cotton Club」で専属バンドとして活動。1932年から欧州など世界ツアーを開始しますが、徐々に各国が政情不安になり1939年からツアー活動を休止、第二次世界大戦終了まで米国国内で活動します。


メモ

1964年の日本ツアー中に新潟地震(6月16日)がありハワイ公演を中止してチャリティ・コンサートを開催、1966年の再来日で新潟市「国際親善名誉市民」となっています。他に1969年米国で「大統領自由勲章」受勲、1973年フランスで「レジオン・ドヌール勲章」授与などがあります。
また1959年から生前中に9部門,74年の死後に4部門でグラミー賞を受賞、1973年に新設されたグラミー賞特別賞では2008年現在で9部門受賞。


アーティスト:死亡記事

1974-05-24:米国ニューヨーク市にて死去。1976年の「Sir Duke/Stevie Wonder」など、ジャンルを超えて多数アーティストがトリビュート・ソングを発表しています。


関連アーティスト情報/ファミリー

Mercer Ellington
マーサー・エリントン

1919/03/11 ~ 1996/02/08

米国ワシントンDC生まれのアフリカ系米国人(父親:Duke Ellington/デューク・エリントン)。誕生名「Mercer Kennedy Ellington」でジャズ・トランペット奏者,作曲・編曲家,ビッグバンド・リー ... 続きを読む

情報更新:2013/05/08







姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニューススポーツ

From 2008 To 2019 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る