ダイナ・ショア

基本情報サイト内特集記事

米国,英国及び専門チャート(34)

ゲスト,コラボ:一部(2)

年間ランク,表彰曲(6)

旧形式ヒット一覧:ゲスト及びコラボ含む(36)

検索:ショップ/動画/ウェブサイト

情報更新:2009/11/10

アーティスト/イメージ(アルバムなど)

左画像:

ベスト・オブ・ダイナ・ショア(Dinah Shore/ダイナ・ショア)

参考画像にリンク設定はありません

アーティスト概要

1916-02-29:米国テネシー州ウィンチェスター生まれ(両親はユダヤ系ロシア移民)。誕生名「Frances Rose Shore」で女性ジャズ・ポップシンガー,女優として活動、40年代から50年代を代表する女性シンガーとして大成功を収め、50年代から70年代にかけてはTVショーも大人気番組となっています。


メモ

1938年同州ナッシュビルの「バンダービルト大学」在籍中に、地元ラジオ局WSMの公開ライブショー「The Grand Ole Opry」に出演。番組は1925年に開始され後にTV番組となる米国最古の人気番組で、「Dinah Shore」はライブ出演を成功させ、同38年大学卒業後に本格的な活動を目的としてニューヨークへ移住。


メモ

学生時代にニューヨークでの活動がありますが、「The Grand Ole Opry」での実績もありラジオショーでは「Frank Sinatra」とも共演。1940年「Xavier Cugat/ザビア・クガート」のゲストシンガーとしてレコードデビューを果たし、41年1月にはソロクレジットで「Yes. My Darling Daughter」が米国旧チャートで10位と初のチャートヒットを記録。


メモ

以降40年代から50年代にかけて多数のヒットを記録、更に43年には「Thank Your Lucky Stars」で映画デビュー。TVでは「The Dinah Shore Show:1951--56」、「The Dinah Shore Chevy Show:1956--63」、「Dinah's Place:1970--74)」、「Dinah!:1974--80」、「Conversations With Dinah:1989--91」などのショー番組を成功させています。


アーティスト:死亡記事

1994-02-24:米国カリフォルニア州ビバリーヒルズにて死去(卵巣ガン)。1972年に開始された米国女子ゴルフトーナメント「コルゲート・ダイナ・ショア選手権」は、協賛企業の変更による名称変更はありますが「Dinah Shore」の死後も継続開催されています。


関連アーティスト情報

Dinah Shore & Buddy Clark
ダイナ・ショア&バディ・クラーク

1949年(結成/活動)

米国の「Dinah Shore」,「Buddy Clark」によるコラボレーション(デュエット)。「Baby It's Cold Outside」が同49年7月に米国旧チャートで4位を記録していますが、「Buddy Clark」は同49年10月1日に ... 続きを読む

情報更新:2009/11/10


Tony Martin & Dinah Shore
トニー・マーティン&ダイナ・ショア

1951年(結成/活動)

米国の「Tony Martin」,「Dinah Shore」によるコラボレーション(デュエット)。同51年に米国旧チャートで「A Penny A Kiss. A Penny A Hug}が14位を記録しています。続きを読む

情報更新:2009/11/10




石橋楽器店


姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニュースオフィスソフト&テンプレート


From 2008 To 2018 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る