オティス・ウィリアムス

基本情報

米国,英国及び専門チャート(6)

専門チャート:原則1位(1)

年間ランク,表彰曲(2)

旧形式ヒット一覧:ゲスト及びコラボ含む(6)

検索:ショップ/動画/ウェブサイト

初期登録(未更新)

別日本語表記/同名区分/別名/リーダーバンド/プロジェクト

Elbridge Al Bryant (エルブリッジ・アル・ブライアント) Otis Williams & His Charms (オティス・ウィリアムス&ヒズ・チャームズ) Otis Williams & His New Group (オティス・ウィリアムス&ヒズ・ニュー・グループ) Charms (チャームズ)


アーティスト/イメージ(アルバムなど)

左画像:

The Very Best of Otis Williams and His Charms
(In Paradise. Vol. 2)
Otis Williams/オティス・ウィリアムス

参考画像にリンク設定はありません

アーティスト概要

1936-07-02:米国オハイオ州シンシナティ生まれのアフリカ系米国人。本名同名でR&Bシンガー(65年復帰後はカントリーシンガー)及びドゥーワップグループ「Charms」のリーダーとして活動しています。


メモ

ハイスクールで「Bob Smith」,「Rolland Bradley」,「Joe Penn」,「Richard Parker」と共に「Charms」を結成、53年にロッキン・レコードと契約し「Heaven Only Knows」でデビューしますが不発。54年にキングレコード傘下のデラックス・レコードへ移籍、54年に「Hearts Of Stone」が米国で15位(R&B:1位),55年1月に「Ling Ting Tong」が米国で29位と成功を収めます。


メモ

55年からツアーも開始しますがメンバー変遷も激しくなり、56年以降グループ名も「Otis Williams & His New Group」,「Otis Williams & His Charms」と改名しています。56年に2曲チャートイン「Ivory Tower」が米国で12位(R&B:5位)を記録しますが以降は不振に終わり、57年以降グループとしての活動は完全に終了します。


メモ

60年から兵役があり同60年にシングル2枚をソロ(またはグループ名義?)で録音、61年にチャートインを果たしています。62年に復帰してソロで活動しますが63年に引退、65年にカントリー系シンガーとして復帰しています。








姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニュースオフィスソフト&テンプレート

From 2008 To 2018 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る