グレッグ・ダイアモンド

基本情報

米国,英国及び専門チャート(3)

検索:ショップ/動画/ウェブサイト

情報更新:2017/07/07

別日本語表記/同名区分/別名/リーダーバンド/プロジェクト

Bionic Boogie (バイオニック・ブギー)

Gregg Diamond Bionic Boogie
グレッグ・ダイアモンド・バイオニック・ブギー


アーティスト/イメージ(アルバムなど)

左画像:

Gregg Diamond,グレッグ・ダイアモンド

参考画像にリンク設定はありません

アーティスト概要

1949-05-04:米国ニューヨーク市生まれのプロデューサー,作詞・作曲・編曲家,ピアニスト,パーカッション・ドラム奏者、代表プロジェクト「Bionic Boogie/バイオニック・ブギー」のリーダーとして活動。兄の「Godfrey Diamond」もプロデューサー,セッションボーカリスト,エンジニアなど多彩な活動でプロジェクトに参加しています。


メモ

1976年に「Andrea True/アンドレア・トゥルー」をプロデュース、自ら曲を書いた「More, More, More/モア・モア・モア」が米国で4位(ダンスチャート2位),英国で5位と世界的なヒットを記録。
1978年には自身のプロジェクト「Bionic Boogie/バイオニック・ブギー」クレジットで、「Dance Little Dreamer / Risky Changes:ダンス・リトル・ドリーマー / リスキー・チェンジズ」が米国ダンスチャートで1位。他に英国で2曲がチャートインしています。


メモ

参考画像:日本盤CD左から
2014年:Bionic Boogie/バイオニック・ブギー
1977年のアルバムですが、1978年当時の日本では7インチシングルのみリリース。2014年にオリジナル・ヒット12インチ音源を2曲共に初収録しています。

2005年:Hot Butterfly/ホット・バタフライ
こちらは1978年にもLP盤がリリースされています。


関連画像

参考画像


アーティスト:死亡記事

1999-03-14:米国にて死去(消化管出血).


関連アーティスト情報

Andrea True
アンドレア・トゥルー

1943/07/26

米国テネシー州ナッシュビル生まれの女性ポップシンガー,女優。ステージ名として「Andrea True Connection」,「Inger Kissin」.「Andrea Travis」.「Singh Low」.「Singe Low」などがあります。続きを読む

情報更新:2008/10/09







姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニュースオフィスソフト&テンプレート

From 2008 To 2018 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る