トップページアーティストタイトル曲名フリー検索今日は何の日週間Top10週間1位R&B:1位年間ランク通算ランク更新情報日本:洋楽サイト案内

マンフレッド・マン



基本情報

米国,英国及び専門チャート(26)

専門チャート:原則1位(2)

年間ランク,表彰曲(3)

旧形式ヒット一覧:ゲスト及びコラボ含む(26)

検索:ショップ/動画/ウェブサイト

情報更新:2009/03/27

別日本語表記/同名区分/別名/リーダーバンド/プロジェクト

Manfred Mann's Earth Band (マンフレッド・マンズ・アース・バンド)
Mann-Hugg Blues Brothers (マン-ハッグ・ブルース・ブラザース)
Manfred Mann Chapter Three (マンフレッド・マン・チャプター・スリー)
Manfreds (マンフレッズ)


アーティスト/イメージ(アルバムなど)

左画像:

Greatest Hits
Manfred Mann/マンフレッド・マン

参考画像にリンク設定はありません

アーティスト概要

1940-10-21:南アフリカ・ヨハネスブルグ生まれ。本名「Manfred Lubowitz」でキーボード奏者,プロデュサー,作曲・編曲家,ボーカリスト,バンドリーダー。「Mann-Hugg Blues Brothers」を経て「The Manfred Mann」,「Manfred Mann Chapter Three」,「Manfred Mann's Earth Band」,「Manfreds」などを結成しています。


メモ

ハイスクール時代からジャズ・ピアノ奏者として活動、ウィットウォーターズランド大学ではクラシックを専攻。一方で「Hugh Masekela/ヒュー・マセケラ」のバンドに参加、「John Coltrane」,「Miles Davis」,「Cannonball Adderley」,「Ornette Coleman」,「Bill Evans」,「Dave Brubeck」などとセッション経験を積み上げ、61年にピアノ奏者及びピアノ教師として英国へ移住しています。


メモ

62年パーカッション奏者「Mike Hugg」と活動を開始、更にサックス及びトランペット奏者(ニ人共に後に脱退)が加わり「Mann Hugg Blues Brothers」を結成。その後ギター・フルート・サックス奏者「Mike Vickers」,ボーカル「Paul Jones」,べース「Dave Richmond」が参加、63年「The Manfred Mann」と改名してHMVレーベルと契約、同年7月にシングル「Why Should We Not」でデビューを果たしています。


メモ

その後「The Manfred Mann:69年解散」,「Manfred Mann Chapter Three:1969--70」を経て、自らのサウンドを追及するバンドとして「Manfred Mann's Earth Band:1971--87,1997--」を結成しています。また「The Manfred Mann」初期のメンバーを中心にした「Manfreds:1991--」での活動もあります。



関連アーティスト情報

Hugh Masekela
ヒュー・マセケラ

1939/04/04

南アフリカ・ウィトバンク生まれ。本名は「Hugh Ramopolo Masekela」で、ジャズシンガー,ソングライター,フリューゲルホルン・トランペット奏者,バンドリーダーとして活動しています。続きを読む

情報更新:2009/03/18


Paul Jones
ポール・ジョーンズ

1942/02/24

英国ハンプシャー州ポーツマス生まれ。ポップシンガー,ハーモニカ奏者,俳優,ラジオ・TVプレゼンターとして活動。63年から66年まで在籍した「The Manfred Mann」の結成メンバー(リードボカル) ... 続きを読む

情報更新:2009/03/27


Cannonball Adderley
キャノンボール・アダレイ

1928/09/15 ~ 1975/08/08

米国フロリダ州タンパ生まれのアフリカ系米国人。誕生名「Julian Edwin Adderley」,通称「Julian Adderley」,ステージ名は「Ccannibal:大食い」を捩った「Cannonball Adderley」で、ジャズ・サック ... 続きを読む

情報更新:2010/03/12







姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニューススポーツ

From 2008 To 2019 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る