今日の出来事特集/メモカヴァーヒットカヴァーヒット簡易版アーティストタイトル曲名アルバムサイト更新,メンテナンス

検索結果:200件10 件づつ表示

5ペ-ジ目 / 20 ペ-ジ

12345678910

次:11

マイ・ガール:ダンスとして
日本流ソウル・ステップの起源

「マイ・ガール」はダンス名としては殆ど一般的ではありませんが、日本流ソウル・ステップの起源となった楽曲と言えます。楽曲は1965年のヒット曲で日本でも同65年からシングル・リリースされて ...

情報ページで続きを読む

情報更新:2016/11/26


日本の洋楽事情:1968年
ビルボードの日本紹介特集から

同年はトップ26に減少していますが、「Beatles/ビートルズ」が5年連続で複数曲となる3曲、「Bee Gees/ビージーズ」が3曲、他に米国から「1910 Fruitgum Company/1910フルーツガム・カンパニー」が ...

情報ページで続きを読む

情報更新:2016/11/25


ボレロ初演=モーリス・ラヴェル
パリ市オペラ座

「Bolero/ボレロ」は1928年に「Maurice Ravel/モーリス・ラヴェル」が作曲したバレエ音楽。「Walther Straram/ワルテル・ストララム」指揮、「Bronislava Nijinska/ブロニスラヴァ・ニジンスカ」振付 ...

情報ページで続きを読む

情報更新:2016/11/22


ジャクソン・5:日本初来日
日本公演や音楽祭ゲスト出演など

「jackson 5/ジャクソン・5」は1973年4月に非公式メンバー七男「Randy Jackson/ランディ・ジャクソン」及びツアーメンバーを加えて初来日(羽田空港)。東京音楽祭ゲスト出演,、日本公演(東京,広島 ...

情報ページで続きを読む

情報更新:2016/11/16


ジャクソン・5:日本初公演
東京:帝国劇場

同年4月23日に来日した「Jackson 5/ジャクソン・5」の日本初公演(帝国劇場)。4月29日の「第2回東京音楽祭」のゲスト出演分の録画収録も併せて行われ、音楽祭と同様に5月6日に録画収録分が放映さ ...

情報ページで続きを読む

情報更新:2016/11/16


ソウル・ダンス,ソウル・ステップ
60年代後半から70年代前半

アフリカ系米国人によるR&B,ソウル(R&Bクラシック/クラシック・ソウル)をベースにしたダンス。米国では1950年代後半から、日本でも1960年代中頃から「ソウル・ダンス(通称)」が流行。一方で日 ...

情報ページで続きを読む

情報更新:2016/11/15


第2回東京音楽祭
グランプリ:祈りの詩

「第2回東京音楽祭」は帝国劇場に会場を移して開催され日本5組,海外26組,合計31組のアーティストが参加(TV放映5月6日)。「Mickey Newbury/ミッキー・ニューベリー」が楽曲「An American Trilogy/ ...

情報ページで続きを読む

情報更新:2016/11/13


ネリー・ブライが「80日間世界一周」の旅に出発
小説「80日間世界一周」を実証~73日目に完了

「Nellie Bly/ネリー・ブライ」は米国の女性ジャーナリスト。1872年の「Jules Verne/ジュール・ヴェルヌ」によるフランス語小説「Le Tour Du Monde En Quatre-Vingts Jours/80日間世界一周」を実 ...

情報ページで続きを読む

情報更新:2016/11/05


モンゴメリー・バス・ボイコット事件
「バスの後部座席で」の題材

「Montgomery Bus Boycott/モンゴメリー・バス・ボイコット事件」は米国アラバマ州モンゴメリーで起きた有色人種差別に反対する抗議運動。「Rosa Parks/ローザ・パークス:1913年2月4日~2005年1 ...

情報ページで続きを読む

情報更新:2016/11/04


ブッチ・キャシディ,サンダンス・キッド射殺
映画明日に向って撃て!の題材

「Butch Cassidy/ブッチ・キャシディ」,「The Sundance Kid/サンダンス・キッド」は共に西部開拓時代後期から暗躍したアウトロー。「ブッチ・キャシディ」の結成した「Wild Bunch/ワイルドバンチ」で1 ...

情報ページで続きを読む

情報更新:2016/11/03


検索結果:200件10 件づつ表示

5ペ-ジ目 / 20 ペ-ジ

12345678910

次:11






姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニュースオフィスソフト&テンプレート

From 2008 To 2018 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る