日本紹介オリコン総合オリコン1位ガイド

日付確定/随時追加:196869

70717273747576777879

80818283848586878889

90919293949596979899

日付不明/随時追加:196869

70717273747576777879

80818283848586878889

90919293949596979899

検索結果:20件表示

13 Jours En France
白い恋人たち
Francis Lai
フランシス・レイ

1969-01-06
8位

1968年第10回冬季オリンピック記録映画「13 Jours En France/白い恋人たち」の主題歌(インストゥルメンタル=オリコン/14週間トップ20入)。大会はフランス・グルノーブルで13日間開催され、「C ...

続きを読む

Those Were The Days
悲しき天使
Mary Hopkin
メアリー・ホプキン

1969-01-27
1位

原曲は20世紀前半にロシアの作曲家「Boris Fomin」が書いた「Dorogoi Dlinnoyu」。「Gene Raskin」が英語詞を付け、「Richard Hewson/リチャード・ヒューソン」が編曲、「Paul McCartney」のプロデュ ...

続きを読む

You Keep Me Hangin' On
キープ・ミー・ハンギング・オン
Vanilla Fudge
ヴァニラ・ファッジ (日本:バニラ・ファッジ)

1969-03-03
11位

1967年に「Vanilla Fudge/ヴァニラ・ファッジ」がカヴァーヒットした楽曲。米国では1968年に再リリース盤(1967年シングルのB面を交換)もチャートイン。初回リリースは1967年に米国67位,英国18 ...

続きを読む

Ob-La-Di, Ob-La-Da
オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ
Bedrocks
ベッドロックス

1969-03-10
14位

「Beatles/ビートルズ」による1968年のヒット曲(日本,欧州など)をカヴァー。「Bedrocks/ベッドロックス」版は「Norman Smith/ノーマン・スミス」がプロデュース。「ノーマン・スミス」はステージ名「H ...

続きを読む

Feast At The House Of Capulet
ロミオとジュリエット
Nino Rota
ニーノ・ロータ

1969-03-10
18位

1968年公開の英国,イタリア合作映画「Romeo And Juliet/ロミオとジュリエット」のサントラ盤収録曲(A-2トラック:一部)。「Song: What Is A Youth」は男性オペラ歌手「Glen Weston/グレン・ウェス ...

続きを読む

Manchester And Riverpool
マンチェスターとリヴァプール
Pinky & The Fellas
ピンキーとフェラス

1969-03-31
6位

「Pinky & The Fellas/ピンキーとフェラス」の代表ヒット(オリコン通算18週トップ20入)。「Marie Laforet/マリー・ラフォレ」のヒット曲をカヴァー、日本での初回リリース・クレジットはカナ表記 ...

続きを読む

Ob-La-Di, Ob-La-Da
オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ
Beatles
ビートルズ

1969-04-07
7位

1968年11月にリリースされたアルバム「The Beatles/ビートルズ」収録曲。当時は母国英国,米国などではシングル・リリース無し、米国で解散後の1976年11月に初リリースしてチャートインしてい ...

続きを読む

Touch Me
タッチ・ミー
Doors
ドアーズ

1969-04-14
20位

「Doors/ドアーズ」にとってオリコン総合では2曲目のトップ20ヒット(1週のみ)。アルバム「Soft Parade/ソフト・パレード」から先行シングルカット。少なくとも同時点での作者クレジットはバンド ...

続きを読む

La Pioggia
Gigliola Cinquetti
ジリオラ・チンクェッティ

1969-06-02
6位

オリコン・チャートでは「Gigliola Cinquetti/ジリオラ・チンクェッティ」によるイタリア語の「La Pioggia/雨」がA面としてチャートイン(通算20週トップ20入)。同シングルはサンレモ入賞曲として ...

続きを読む

Time Of The Season
ふたりのシーズン
Zombies
ゾンビーズ

1969-06-09
6位

「Zombies/ゾンビーズ」にとって日本での代表ヒットとなった楽曲(オリコン14週トップ20入/通算11週トップ10入)。1967年夏に録音され、1968年のアルバム「Odessey And Oracle」に収録。バンドは ...

続きを読む

Goodbye
グッドバイ
Mary Hopkin
メアリー・ホプキン

1969-06-16
13位

「John Lennon/ジョン・レノン」,「Paul McCartney/ポール・マッカートニー」コンビの楽曲。元々は{Beatles/ビートルズ」の楽曲でしたが公式にはリリースされず、「Mary Hopkin/メアリー・ホプキン」 ...

続きを読む

Get Back
ゲット・バック
Beatles
ビートルズ

1969-07-07
10位

オリコンで通算8週トップ20入(最高位10位)。「Beatles/ビートルズ」メンバー4人が公衆の面前(アップル本社屋上)で最後に演奏した楽曲として名を残し、ゲスト参加のキーボード奏者「Billy Pres ...

続きを読む

Aquarius - Let The Sunshine In
輝く星座 (アクエリアス)
Fifth Dimension
フィフス・ディメンション

1969-07-14
9位

1968年ブロードウェイ初演ミュージカル「Hair/ヘアー」の挿入歌をカヴァー。「Fifth Dimension/フィフス・ディメンション」盤はスタジオアルバム「The Age Of Aquarius」からシングルカット。カナ ...

続きを読む

Ballad Of John And Yoko
ジョンとヨ-コのバラ-ド
Beatles
ビートルズ

1969-09-01
11位

米国では歌詞が「キリストの十字架張り付け」を引用(冒涜)しているとして主要ラジオ局が放送禁止。シングルA面で最高位8位と不振でしたが、日本のオリコンでは通算10週トップ20入(最高位11位 ...

続きを読む

In The Year 2525
西暦2525年
Zager & Evans
ゼーガーとエヴァンス (ゼーガー&エヴァンス)

1969-10-13
3位

二人が学生時代の1964年ににデュオの一人「Rick Evans/リック・エヴァンス」が作詞作曲。1967年に卒業記念の気持で同曲などを録音、デュオは解散していますが、1969年にラジオDJがオンエアし ...

続きを読む

Love Me Tonight
ラヴ・ミー・トゥナイト
Tom Jones
トム・ジョーンズ

1969-10-27
10位

「Tom Jones/トム・ジョーンズ」にとって日本での代表曲の1曲(オリコンでは8週トップ20入り)。オリジナルはイタリア語歌詞で1969年サンレモ音楽祭出場曲。「Junior Magli/ジュニア・マッリ」,「Ca ...

続きを読む

From A Distance
孤独の世界
P.F. Sloan
P.F.スローン

1969-11-24
16位

日本のみのヒット曲(トップ20内7週)。原曲は「Bach/バッハ作曲の「Fugue「From A Distance/孤独の世界」は自らが作詞,作曲したオリジナル録音。日本でも1966年にリリースされたシングルですが ...

続きを読む

Aime Ceux Qui T'Aiment
天使のらくがき
Daniele Vidal
ダニエル・ヴィダル(ダニエル・ビダル)

1969-12-01
12位

「Daniele Vidal/ダニエル・ヴィダル(ダニエル・ビダル)」の日本デビュー・シングル。オリジナルは作曲の「Potiomkin」によるロシア語歌詞で「Edita Piekha/エディタ・ピエーハ」が録音。「ダニエル・ ...

続きを読む

Early In The Morning
しあわせの朝
Cliff Richard
クリフ・リチャード

1969-12-15
4位

日本,オーストラリア,ニュージーランドのみシングル・リリースされた楽曲(オリコンでは9週間トップ20入)。1967年10月の初来日記念盤と銘打っていますが、少なくとも米国,英国でヒットした「V ...

続きを読む

Sealed With A Kiss
涙のくちづけ
Lettermen
レターメン

1969-12-29
9位

「Four Voices/フォー・ヴォイセズ」が1960年に録音した楽曲をカヴァー。「Brian Hyland/ブライアン・ハイランド」が1962年に米国3位,英国3位を記録しています。「Lettermen/レターメン」盤は1965 ...

続きを読む






姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニュースオフィスソフト&テンプレート

From 2008 To 2018 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る