トップページアーティストタイトル曲名フリー検索今日は何の日週間Top10週間1位R&B:1位年間ランク通算ランク更新情報日本:洋楽サイト案内

アーサ・キット



基本情報

米国,英国及び専門チャート(11)

年間ランク,表彰曲(3)

旧形式ヒット一覧:ゲスト及びコラボ含む(12)

検索:ショップ/動画/ウェブサイト

情報更新:2010/04/19

アーティスト/イメージ(アルバムなど)

左画像:

She's So Good: The Best of Eartha Kitt

参考画像にリンク設定はありません

アーティスト概要

1927-01-17:米国サウスカロライナ州コロンビア生まれのアフリカ系米国人。誕生名「Eartha Mae Keith」で女優(映画・舞台・TV),ジャズ・ポピュラーシンガーとして活動。1945年から2007年(死去前年)まで第一線で活躍を続け、少なくとも10言語以上でレコードをリリース、日本も含め100ケ国以上でコンサートを行った世界的エンターテイナー。


メモ

1945年ブロードウェイ「Blue Holiday」,1948年映画「Casbah」などを経て、1952年ミュージカル「New Faces Of 1952:1952/5/16--1953--3/28」での歌唱が認められ歌手デビュー。2枚目のシングル「Uska Dara (A Turkish Tale)/ウシュクダラ」が12万枚セールス、次曲「C'est Si Bon/セ・シ・ボン」は米国8位を記録、更にミュージカルは1954年「New Faces」として映画化され歌手として世界的な人気を得ます。


メモ

「Uska Dara」は元々はトルコ民謡で「C'est Si Bon」もオリジナルではありませんが、日本でも共に「Eartha Kit」バージョンが当時のラジオ局チャートでヒットを記録。
日本では「Uska Dara」を邦題「ウスクダラ」として「江利 チエミ」がカバー。
「C'est Si Bon」も日本では「高島 忠夫」などがカバーしてシャンソンの代表曲となります。


メモ

1955年にリリースした「Sho-Jo-Ji (The Hungry Raccoon)/ショー・ジョー・ジ」は、「野口 雨情」作詞,「中山 晋平」作曲の「証城寺の狸囃子」をアレンジした楽曲として知られています。
1989年には「Eartha Kitt & Bronski Beat」のコラボクレジットで英国でチャートヒットを記録。
英国では死後もクリスマスソング「Santa Baby」でチャートヒットを記録するなど息の長い人気を維持しています。


アーティスト:死亡記事

2008-12-25:米国コネチカット州ウェストンにて死去(直腸結腸ガン)。
1960年音楽部門で「Hollywood Walk Of Fame:ハリウッド名声の歩道」に加えられ、ミュージカル女優としてもトニー賞で1978年主演女優賞にノミネート、2000年助演女優賞にノミネートなどがあります。


関連アーティスト情報

Eartha Kitt & Bronski Beat
アーサ・キット&ブロンスキ・ビート

1988年(結成/活動)

米国の「Eartha Kitt」,英国の「Bronski Beat」によるコラボレーション。「Cha Cha Heels」及びB面他1曲を録音、英国では翌89年にシングルリリースされ32位を記録しています。続きを読む

情報更新:2010/04/19







姉妹サイト

〒・住所・地図・衛星写真
日本の島々電話番号検索&国際電話情報日本・世界の伝統色&ウェブカラーHP制作ヒント&PCニューススポーツ

From 2008 To 2020 By T.Yoshimura

Copyright © 洋楽データベース

ページトップへ戻る